サルシカ隊がいく

検索結果: 775 件

「サルシカ第ニ田んぼ2015〜稲刈りからはさ掛け」第347回サルシカ隊がいく

今年(2015年)のコメ作りは何かと大変だったのだ。 とにかく天候がひどかった。 お盆までトテツモナク暑い日が続いたと思ったら、そのあとは雨。 毎日のように雨が降って、なおかつ台風がどかどかやってきた。 当初、サルシカ秘 […]


「まだまだ夏は終わらない!魚飛でテレビ撮影なのだ!」第346回サルシカ隊がいく

「おいおいおい、また魚飛かい! 川あそびかい、このヤロ〜〜〜!!!!」 という怒りの声が四方八方から聞こえてくるようであるが、怒ってはいけない。 これは仕事なのだ。 今回はテレビの撮影で、致しかたなく、仕事をしたいキモチ […]


「菊丸さんの銭湯落語in伊賀」第345回サルシカ隊がいく

再び。 いや正確には三度、伊賀のノスタルジック銭湯「一乃湯」に林家染弥改め菊丸さんが帰ってくることになった。 銭湯と落語。 古き良き日本の伝統文化のコラボレーション。 それは今から3年前、2012年の3月にはじまった。 […]


「川遊びのあとはよりみち旅で」第344回サルシカ隊がいく

わははははははは!! きたぞ〜、和具の浜〜!!!! かんぱーい!!!! 銚子川の上流、魚飛渓でフラフラになるまで遊んだあと、今度はそのまま海に出て、海沿いのうねうね道を走ってやってきたのが、三重県北牟婁郡紀北町海山区島勝 […]


「魚飛水中空中前線異常アリ」第343回サルシカ隊がいく

サルシカ秘密基地のある津市美里町から車で1時間半。 三重県北牟婁郡紀北町海山区にある銚子川の上流、魚飛渓での遊びが続いていた。 巨石の奇形を流れる清流。 その美しい水面下で、密かに戦いがはじまろうとしていた。 お昼ごはん […]


「気がつけば魚飛!」第342回サルシカ隊がいく

前日はサルシカ屋台村&ビアガーデンであった。 参加者50名ちょい。 ハンドルキーパーもたくさんいたはずなのに、生ビール7樽70リッター、日本酒4本、ワイン5本、その他差し入れしてくれたさまざまなお酒をすべて飲みきった。 […]


「第2回サルシカビアガーデン2015」第341回サルシカ隊がいく

いよいよサルシカビアガーデンの幕開け。 2015年、2回めの開催である。 この日は、集落のお母さんや子どもたちにもアチアチの串揚げやたこ焼きを味わっていただこうと、お昼のあいだはサルシカ屋台村として営業。 そして午後5時 […]


「サルシカ屋台村オープン!」第340回サルシカ隊がいく

サルシカの拠点がある三重県津市美里町平木地区は、わずか人口94人の小さな集落である。 昨年(2014年)8月、この地域の活性化を目的とした平木やまびこ会が、歴代の自治会長を中心に設立され、われわれサルシカと共同で事業をや […]


「獣害用金網を張りまくれ!」第339回サルシカ隊がいく

シカ、イノシシ、サルなど。 地方における獣害の被害は無視できないレベルになってきている。 サルシカが畑や田んぼをやっている三重県津市における近年の獣害被害額(年間)の推移は以下の通りである。 平成19年度 5,200万円 […]


「ペルセウス座流星群を見るという名の飲み会」第338回サルシカ隊がいく

そういえば。 3年前には青山高原の駐車場にてペルセウス座流星群を見るイベントをやった。 2年前には秘密基地でやって大盛況であった。 が、去年は忙しくて開催をすっかり忘れていた。 だから、今年はぜひともやろうね、と言ってい […]


「宮川カヌー④〜男なら腹から飛び込め!」第337回サルシカ隊がいく

写真/松原豊(写真師マツバラ)  文/サルシカ隊長 宮川ダム源流域で楽しむカヌー企画。 最終話である。 カヌーが趣味と言いながらここ10年で10回ほどしかカヌーをしていないサルシカ隊長のワタクシは、帰る間際になってカヤッ […]


「宮川カヌー③〜極上の真夏ラーメン!」第336回サルシカ隊がいく

写真/松原豊(写真師マツバラ)  文/サルシカ隊長 宮川ダムの源流域でカヌーを楽しむ企画、第3弾である。 が、のっけから水中写真である。 なんたって連日の猛暑日。 一度冷たい水に入ってしまうと、なかなか地上にはあがれない […]


「宮川カヌー②〜暑いなら沈しろ飛び込め泳げ!」第335回サルシカ隊がいく

写真/松原豊(写真師マツバラ)  文/サルシカ隊長 同じ三重県内でありながら、津市美里町から2時間以上かけて辿り着いた大台町の宮川ダムの源流域。 さあ、いよいよ舟を浮かべるのだ。 が、水辺にカヤックを下ろすのも一苦労。 […]


「宮川源流域をカヌーで遊ぶ!①」第334回サルシカ隊がいく

写真/松原 豊(写真師マツバラ) 文/サルシカ隊長 サルシカ隊長であるワタクシの趣味はカヌーである。 小さな船に乗り込み、最小限の食材や食器、そしてお酒とカメラを持って川旅に出る・・・。 そんな暮らしを毎日のようにしたく […]