サルシカ隊がいく

検索結果: 659 件

サルシカ隊がいく 第93回「イルミネーション2連発!」

s93_001

「南長野のイルミネーションを見にいこに!」
と、唐突に言い出したのはキヨちゃん隊員であった。
折りしも、全国的に一気に冷え込み、あちこちで雪が舞う寒空の夜であった。
子ども会を終えて、さあ家に帰って熱い風呂に入り、酒をかっくらって寝ようぜ、というときであった。


サルシカ隊がいく 第92回「トッティで飲む」

s92_001

さて、この日の宴会である。
いったい何の集まりだと説明すればよいのやら。
カメラマンのYU君に集めてもらった面々で、なじみの人もいれば今回会うのがはじめて・・・会ったことはあるけど腰をすえて話したことがない・・・などさまざま。


サルシカ隊がいく 第91回「ロジウラマーケットにふらり」

s91_001

今回は、三重県津市にもこんなステキなイベントというかお店があるよ、というお話。
津駅から徒歩10分ぐらいの路地裏。
年に2回ほどマーケットが開かれるのである。


サルシカ隊がいく 第90回「うなとん対決2009にいく!」

s89_001

11月22日の日曜日。
津市のだいたてアーケード内にて、三重県の2大ご当地グルメが激突!
赤コーナーは、津ぅ名物のうなぎ!


2009年度版 限界に挑戦!怒涛のサルシカ忘年会!

miyako2009-1

何をするにもせっかちなサルシカ隊。
今年も一足お先に、忘年会が開催されました。
大人15名、子供14名(うち幼児2名)の大所帯。
もちろん会場は、


サルシカ隊がいく 第88回 「そうだ、奈良へいこう!」

s88_001

サルシカ隊長のワタクシと妻のM子は、子どもが学校にいっている間に、こっそりと奈良へ行ってきたのだ。
おいおい、それは「サルシカ隊がいく」ではなく、ただの「おバカ夫婦のデート」ではないか、と突っ込む人がおられるかも知れぬ。


サルシカ隊がいく 第87回 「大将と隊長の自然薯対決!」

s87_001

そんなやまきの大将から、「自然薯を掘りにいこう!」とお誘いを受けた。
サルシカの活動をネットで見つつ、「ううう、なっとらん!ううう、待っておれ、オレが教えてやる!」とウズウズしていたのだ(笑)。


サルシカ隊がいく 第86回 「伊賀で昭和ノスタルジーに浸る」

s86_001

そしてそして!
ワタクシが三重にUターンして以来、ずーっと探して続けてきたジュースを発見してしまったのだ。
というワケで、急きょ「サルシカ隊がいく!」なのだ!!


サルシカ隊がいく 第85回 「記録に挑戦!? 和歌山食べ食べ旅」

s85_001

和歌山に行かねばならなくなった。
わずか1時間ほどで終わる仕事であるが、妻M子も娘m子も同行するという。
キャンピングカーのサルシカ号も出撃だという。


サルシカ隊がいく 第84回 「サルシカ秘密基地計画2」

s84_001

「3000坪の土地があるんですけど、サルシカで活用してもらえませんか・・・?」
などというトンデモナイ電話からはじまったのがこの話である。
きっかけの詳細は、前回の「サルシカ農園&秘密基地計画」をまずご覧いただきたい。


サルシカ隊がいく 第83回「涙と哀愁の海鮮BBQ」

これは昨年のカキです(M子10個食べる)

カキのシーズン到来!
待ってました、とばかりに隊長一家は鳥羽にGO!
「みんな!カキを買いにいくぞ!まだ身は小さいがかまうものか!宴会だ宴会だぁ!」


サルシカ隊がいく 第82回 「おちょぼさんにいく」

th14_001

「おちょぼさん」に行ってきたのである。
正式名称は「お千代保稲荷」。
場所は、三重のお隣の岐阜。


サルシカ隊がいく 第81回 「サルシカ海の家合宿09秋」3日目

001

テントの中で聞く波の音、遠くをいく船のエンジン音はとても心地よい。
夜明けと共に、テント全体がじわじわと明るくなる。
テントのジッパーをあける音やキャンパーのドアの開閉音が聞こえはじめる。


サルシカ隊がいく 第80回 「サルシカ海の家合宿09秋」2日目

s80_001

「サルシカ海の家合宿09秋」の2日目の朝を迎えた。
海の家のまわりには我われのキャンプグッズがずらり。
改めてみると、まことに申し訳ないほど独占利用させていただいているのだ。