サルシカ隊がいく

検索結果: 705 件

「秋のめぐみ収穫隊!」第139回サルシカ隊がいく

「そろそろ隊長、アレいきましょか?」 もはや説明の必要がないであろう、行きつけの割烹やまきのカウンターで、 土瓶蒸しの注ぎ口から突き出た三つ葉の茎をほじほじしていると、大将のやまちゃんが話しかけてきたのである。 アレとは […]


「男のやまき会」第138回サルシカ隊がいく

photo:加納準(フォトグラファー加納) 前もって言っておくが、これは企画でもイベントでもなく、ただの飲み会なのだ。 いや・・・。 最初は「第3回(臨時)M子会」という企画であった。 しかもかなり突発的にスタートしたも […]


「サルシカ隊、筏レースに出る⑨」第137回サルシカ隊がいく

ペットボトルのサルシカ3号、ママさんチームのサルシカ2号は予選で敗退。
が、総予算5万円で作った本格的いかだサルシカ1号は、予選1位で突破し、
見事決勝へと勝ち進んだのだ!!


「サルシカ隊、筏レースに出る⑧」第136回サルシカ隊がいく

そもそもそう言い出したのは、リエゾウなのだ。
そう、写真右の、たかし隊員の奥さんである。
彼女がサルシカ隊に入った数年前までは、酒を飲む以外に活動に興味を示さず、
めずらしく山登りをすると言い出したかと思うと、下山時に股関節を痛めてそのまま病院送り(笑)。


「サルシカ隊、筏レースに出る⑦」第135回サルシカ隊がいく

第3レース。
よしひろ隊員が設計し、我われが本気でつくった「必勝いかだ」を運ぶ途中、雨はさらに激しくなった。
のだっち隊長をリーダーに、よしひろ隊員、たかし隊員、やっさん隊員の4名が海へといかだを運ぶ。
のだっちとよしひろ隊員は元野球部で共に40代。


「サルシカ隊、筏レースに出る⑥」第134回サルシカ隊がいく

戦いの火蓋は今まさに切って落とされた!
ときは平成23年7月30日、場所は三重県北牟婁郡紀北町海山町の引本港!
夏祭りKODOのいかだレースがはじまったのだ!


「サルシカ隊、筏レースに出る⑤」第133回サルシカ隊がいく

我われサルシカ隊もトラックからいかだを降ろす。
みんな妙に声がでかい。
存在感を示し、ちょっとでも他の出場チームを威圧しようという、みみっちい考えである(笑)。


「サルシカ隊、筏レースに出る④」第132回サルシカ隊がいく

総製作費5万円のいかだ1号機。
そして総製作費0円のいかだ2号機(ペットボトル)が完成したのだ。
ならば!!
進水式を兼ねて練習をしなくてはならない!


「サルシカ隊、筏レースに出る③」第131回サルシカ隊がいく

木材が切られ、貼り合わされ、あっという間にいかだの骨組みが出来ていく。
我われだけでやっていると、「アレがない、コレがない」と右往左往し、
木を切ったあとで「あれ長さが足りん!!」と大騒ぎするのだ。


「サルシカ隊、筏レースに出る②」第130回サルシカ隊がいく

酔ったいきおいで、みんなで「何かやろうやろう!」という話で盛り上がり、
誰かが「そーいや紀北町の方でいかだレースかなにかあるって聞いたで」ということになり、
「いかだレースか、ええやないか、出よ出よ」
「ただちに参加申し込みをしようしよう!」
「よーし、明日から練習だあ!」


「夏だ!祭りだ!美里夏祭り!」第129回 サルシカ隊がいく

開場と同時にすごい人が会場になだれ込んでくる。
いつも以上に人が多い。
これはきっとサルシカの力、
そして隊長であるワタクシの人気に違いない(ウソです。笑)。


「サルシカ隊、筏レースに出る①」第128回サルシカ隊がいく

もうテレビやブログで話しまくっているので、ご承知の方も多かろう。
そうなのだ。
我われサルシカ隊は、この7月30日(土)に開催される筏レースに出場する。
紀北町引本で行われるKODO祭りの中のイベントとして行われる筏レースで、
今年で4回目の開催。


銭湯いこに Vol.10「怒涛の尾鷲編」後篇

というわけで、先程までの神妙な雰囲気を一気に吹き飛ばし、目的の店へと向かう。
もうどんどん早足になる。
店の前まできたときは、もうすでに走っていたのだ(笑)。


銭湯いこに Vol.09「怒涛の尾鷲編」中篇

全国の銭湯ファンがいつかは行きたい銭湯。
それが松の湯です。
・熊野古道の馬越峠から八鬼山峠のあいだにあって
・馬越峠をこえて尾鷲の街にやってきた旅人を玄関にある富士山のタイル絵が癒してくれて