恒例!サルシカキャンプ!

検索結果: 19 件

1 / 212

「サワラ大漁キャンプなのだ!」第202回サルシカ隊がいく

s202-001

わははははははは!! 久しぶりのキャンプなのだ! 久しぶりの和具なのだ! もう浜辺に着いた途端、生ビールを飲んでしまうゴキゲンなゴールデンウィークの休日なのである! 実は昨年、 サルシカ隊長であるワタクシと家族は、第二の […]


サルシカ隊がいく 第99回「生ビール飲み放題キャンプ」②

翌朝も見事に晴れ渡ったのだ。
昨夜、凍てつく夜の海に潜り、ブルブルと体を震わせながら寝袋に入った隊長のワタクシとやっさん(あまりに寒そうだったのでキャンピングカーに泊めてあげた)であったが、一晩寝たらもうバリバリ元気なのである。


サルシカ隊がいく 第98回「生ビール飲み放題キャンプ!」①

今年もこの季節がやってきた。
ゴールデンウィークは、恒例のサルシカ大キャンプ!!
もうなんと3年目なのだ。
これを書くまえに前のを読み返しましたが、全然進歩してません。


サルシカ隊がいく 第81回 「サルシカ海の家合宿09秋」3日目

001

テントの中で聞く波の音、遠くをいく船のエンジン音はとても心地よい。
夜明けと共に、テント全体がじわじわと明るくなる。
テントのジッパーをあける音やキャンパーのドアの開閉音が聞こえはじめる。


サルシカ隊がいく 第80回 「サルシカ海の家合宿09秋」2日目

s80_001

「サルシカ海の家合宿09秋」の2日目の朝を迎えた。
海の家のまわりには我われのキャンプグッズがずらり。
改めてみると、まことに申し訳ないほど独占利用させていただいているのだ。


サルシカ隊がいく 第79回 「サルシカ海の家合宿09秋」1日目

s79_001

そうなのだ。
今回のキャンプで、我われはタープはおろか、ランタンやバーナーすら出さなかったのだ。
そのすべてを海のおっちゃんに頼りきり、我われは堕落した楽園生活を楽しんでしまったのだ。


第65回「サルシカGW大キャンプ⑤~冒険編~」(完結)

000-2b

もりやん隊員にカッコいいところを見せつけられ、その上、おっちゃんにまでやられたら、隊長としての私の立場がない、と密かに思っていた。


第64回「サルシカGW大キャンプ④~壮絶!解体ショー~」

t00

ここである重要なことを書かなくてはならない。
「真夜中の潮干狩り」などで、一部の人にはバレてしまっていることなのだが、実はフォトグラファー加納は、この容姿でありながら、非アウトドア系人間なのだ。


第63回「サルシカGW大キャンプ③~涙の水中特訓~」

t000

ここまで読んできて、「あれ・・・? なんか足りないような・・・?」と思った方!
あなたは、もはやサルシカ通ですな!
そう、バカエミ一家がいなかったのです。


第62回「サルシカ大キャンプ②~怒涛の前夜祭~」

t0001

このキャンプの素晴らしいところといったら、そりゃアナタ!なんたって生ビールがあることですよ!塩でカラカラになった喉にキーンと冷えた生を流し込む。
くひ~っ!!!! これがたまらんのですよ!!


第61回「サルシカGW大キャンプ①~前のり編~」

000b

行ってまいりましたよ~、サルシカGW(ゴールデンウィーク)大キャンプ!
出発の朝は、いつもココから!
松阪肉の店「朝日屋」!


第60回「GW下見キャンプ」

001b

愛知県の安城市というところからいきなりはじまるのである。
今回の登場人物は、隊長、M子、娘m子。
つまり隊長一家のみである。


第40回「怒涛の海産これでもかぁキャンプ」後半

051

翌朝、バカエミのとんがり頭ファッションからスタートであった。
暑いのでウェットを着ないで潜るという。
今日は、海の達人ぽぽちゃんを真似て魚を突くのだと息巻いている。


第40回「波乱の海産これでもかぁキャンプ」前半

t040

「とにかく海に潜りたいの!潜って潜って潜りまくりたいの!」
と、やたらウルサイので、いつもの南島(度会郡南伊勢)をやめて、三重県南部、北牟婁郡の和具の浜を宿営地とすることにした。


      
1 / 212