真夜中の潮干狩り

検索結果: 9 件

第56回「怪しい潮干狩り隊」

00112

普段は「薪だ~、薪だ薪だ薪だ、薪はどこだ~!!」
と叫んでいる、サルシカ隊薪ストーブ倶楽部の面々です。
その3人が潮干狩りです。それも平日です(笑)。


第37回「泳いで潮干狩り」

t037

お盆休み最後の日。
特に何の予定もなく、さあ今日は何をしようかな・・・と思っていると、
「うひゃあ!」とM子が素っ頓狂な声をあげたのである。


第10回「真夜中の潮干狩り3 ~女の闘い編~」

0011

またもや行ってしまいました、真夜中の潮干狩り!
サルシカの企画的には、そろそろカヌーや山登りをすべきだとはわかっているのだけれど、
「だって採れるんだもん!」「だってウマイんだもん!」


第9回「行楽!真昼の潮干狩り」

左から、かっちゃん、バカエミ、M子、隊長 (カメラマンは偶然会った学校の先生)

日曜日。唐突に潮干狩りに出かけたのだ。
本来なら、バカエミとM子は伊勢の方でスキューバをやる予定であったが、二人とも体調不良であったために中止。


第4回「続・真夜中の潮干狩り」 その2

隊長は途中からマテ貝とりに集中!

3人がそれぞれ自分だけの世界にドップリ入り込んだ午前零時頃、その事件は起きた。
バカエミは近づいてくる人の気配を感じた。
しかし隊長かM子であろうと思い、顔もあげずにアサリとりに集中していると、
「どうやお姉ちゃん、アサリとれたか?」


第4回「続・真夜中の潮干狩り」 その1

前回とまったく同じ場所にサルシア号をとめた

三重県津市御殿場海岸。2週間前の大潮で、サルシカ隊6名が真夜中の戦いを繰り広げた場所である。
前回の収穫は、アサリをバケツで2杯程度。
人数で換算すると大漁とはいえなかったが、アサリはかなりの大粒で味も濃厚。


第3回「Midnight SHI・O・HI・GA・RI」(part3)

戦い終わってサルシカ号に戻って・・・・乾杯!!!

真夜中の潮干狩りは終わった。
成果は、まずまずといったところである。
しかしマテ貝が取れなかったのが痛かった。
アサリは砂抜きをしないと食べられないので、宴会ですぐさま食べるものがないのである


第3回「Midnight SHI・O・HI・GA・RI」(part2)

高感度撮影により明るいけれど、実際はホントーに真っ暗闇!

午後11時、御殿場海岸、津競艇そばの公衆トイレ前にサルシカ隊が集結。
今回の参加者は、大人5名。そしてカメラマン準の長男1名の計6名。
まずは暖房の効いたサルシカ号の中で、コーヒーなどすすりながら作戦会議。


第3回「Midnight SHI・O・HI・GA・RI」(part1)

深夜12時。三重県津市の御殿場海岸にて記念撮影。もちろん我々以外には誰もいない。

サルシカ隊のおバカ活動が、一気に広まった「真夜中の潮干狩り」企画です。
真冬の2月の深夜、ヘッドランプを装着した隊員たちが御殿場海岸に結集。
真夜中の海岸へと突撃!! 涙と鼻水のカンドードキュメント!!(笑)