1コマな毎日

検索結果: 677 件

第410回「見られてた」

車の免許の書き替えに行った。 待ち時間に1階のロビーで携帯見て時間つぶし。 名前を呼ばれて2階へ上がって席に着いて 携帯をカバンから出そうとしたら無い!! あわあわしてたら警察の女の人がやってきて 「これ忘れられましたよ […]


第409回「うれしいいただき物」

そろそろアオサの季節。 だけど、ここ数年、地元では養殖業者も減って やっているお宅も高齢化で縮小化。 なので、なかなかまわって来なくなった。 今年は、もういただけないかな~? って、思っていたら今日玄関を開けたらアオサが […]


第408回「タケノコご飯」

とりたてのタケノコでタケノコご飯を炊いた。 普段、ちっとも褒めない主人が「おいしい」と言った。 その一言で、また作ろうかな?って思える。 シャンティー 1992年よりイラストレーターとして活動。 子供のころから絵を描いた […]


第407回「タケノコ」

とりたてのタケノコで若竹煮。 本当はあんまりタケノコって好きじゃないけど このシーズンに自分ちの堀りたてのだけは別! ふんわり春の香りが最高! シャンティー 1992年よりイラストレーターとして活動。 子供のころから絵を […]


第406回「山神さま」

幸田さん夫妻とリュウちゃんが裏山のタケノコを掘りに来た。 普段からキチ研で山の伐採なんかをやってる幸田さんは 竹薮の整備もやってくれて感激! さすがの手際の良さにまたまた感激! 気になっていた山神さま周辺もきれいにしても […]


第405回「大量に」

裏山に入ったら何やら真っ黒い巨大な山が…! 「タヌキのタメグソ」というやつです。 それにしても、なんたる量!!! シャンティー 1992年よりイラストレーターとして活動。 子供のころから絵を描いたりモノを作ることが好きで […]


第404回「ある朝」

ある朝、山神さんの供え物の酒、水、米、塩が だれかにぶちまけられていた。 こんなこと未だかつて無かったので、 なにか、すご~~くこわいキモチになった。 神さま、なにか怒ったの!?? シャンティー 1992年よりイラストレ […]


第403回「モンに隠れて」

年をとってわがままの増すモンは、食い気もハンパじゃなくなって、とにかくなんでも食べたがる。寝ていてガサッと音がしただけで鼻をヒクヒクしながら起きてくるんだから大変。鉄火巻きや天巻きなんて、一番おいしい具のほとんどを食べら […]


第402回「またも」

あれだけすごい惨状だったビニールハウスも、主人がこの前帰ってきたとき「あんたどうせやらへんのやろ」と、主人があっという間に草刈を終えてしまった。とにかくなにをやるでもわたしの3倍速!が、しかし、今度は、「今月中に蒔かない […]


第401回「また増えた」

主人は、自分でさほど世話もしないのにたくさん生き物を飼う。困る。つい、この前も新しく入れた魚が瞬く間にたくさん増えて、家の中の水槽が3つに増えてしまった。外にも大きなのを含めて3つ。大変だ。でも、魚たちはとてもかわゆい。 […]


第400回「介護」

モンは、今年で17歳。スーは18歳。スーは、今でも毛艶も良くてあまり年を感じさせないんだけど、モンは、毛玉をいっぱい作って水を飲んだ跡もべちゃべちゃ。一番大変なのは、トイレをそこいら中でやってしまうこと。最初の頃はペット […]


第399回「適度に…」

毎朝モンが朝早すぎる時間に起こしに来る。いつも枕元に寝てるので自分が起きるとすぐさまわたしを起こすのだと思う。わたしの耳に口をくっつけるように鳴いて起こしてくる。起きないとさらに大きな声で鳴いて、それでも起きないと手で顔 […]


第398回「なんでかな~?」

ソファベッドで仕事してると、本人たちにはその気はないのかもしれないけど、必ずやスーとモンが邪魔しに来る。なぜか、ソファに広げた書類や資料の上に自分の場所を確保する。ほんと、やめてよね~。 シャンティー 1992年よりイラ […]


第397回「家のにおい」

一年のうち梅雨の時に感じる事が多いけど、そうでなくても雨が降って少しジト~ッとする日は、うちの場合古い家なので家の中で土のにおいがする。 シャンティー 1992年よりイラストレーターとして活動。 子供のころから絵を描いた […]