第7回「萌え萌えしよう!コンビナート夜景撮影ロケハンレポート」

投稿日: 2012年09月13日(木)14:42



どうも!エネオス稲ちゃんです。

9月に入って、朝晩はずいぶん涼しくなりましたね。
過ごしやすくなる秋は、何を行うにも良い時期なんだと思います。
秋の夜空の下、夜景を撮影するのもいいんじゃないですか?
って、強引すぎますか、そうですか(笑)

9月12日にKIPプロジェクトのイベント情報を公開しました。
それが10月7日(日)に開催する「工場萌え♡〜コンビナート夜景撮影会〜」です。
三重県が誇る夜景スポット、四日市の工場地帯で夜景撮影を楽しもうという企画です。

今回の田舎IT講座では番外編として、夜景撮影会に先駆けて行った、
ロケハンの模様をレポートしたいと思います。



去る9月2日の日曜日————。

モータースポーツのメッカ「鈴鹿サーキット」では開場50周年を祝う「鈴鹿サーキットアニバーサリーデー」が開催されている最中、秘密裏に7名の男たちが集まろうとしていた。

写真師マツバラ、フォトグラファー加納、大工のT橋、中田シェフ、
やまぴー、そしてエネオス稲垣。(もう一人のZEROは後で合流)

彼らこそKIPプロジェクトの秘密部隊「KIP光画部」の面々である。
しかしながら皆さんはお気づきだろうか。
「KIP光画部」はサルシカメンバーでしか構成されていないのだ!
恐るべし!サルシカ!(笑)


6名のメンバーはそれぞれ「美里班」「食いしん坊班」として、
津の老舗レストラン「中津軒」で合流して現地に向かうことにしたのだが、
「美里班」でトラブルが発生してしまう。

写真師マツバラは数多くの機材を持ってエネオスに早々と来てくれた。
さすが現場慣れしているプロカメラマンであります!
機材を確認しながら、ロケハンの計画などを話していたのだが、
待てども待てども美里班の残りの1人、大工のT橋が来ないのだ。
いきなりコンビナートの夜空以上に、雲行きが怪しくなる・・・
その間にも、すでに中津軒に入っている「食いしん坊班」の3人より、
「美味しいコーヒーが冷めちゃうよ〜ん」という電話越しの声が聞こえてくるのだ。

なんという屈辱であるか!
怒りで震える手が止まらないままに、大工のT橋に電話を入れるワタシ。
電話に出たT橋は、いつもの木訥とした口調で「ごめんな〜」と言うのだ。
この声を聞いたら、許さざるを得ないのである。

ようやく大工のT橋とも合流!
「食いしん坊班」の3人が待つ中津軒に車を走らせているとT橋が口を開く。

「・・・バッテリーが切れとる」

急遽、充電器を取りに引き返す。
先ほどT橋を許したことを数分後に後悔することになるマツバラと稲垣だった。
コレを見てくれている皆さんも、T橋を反面教師として、
バッテリーの充電をしっかりしてきて欲しい!


中津軒にて合流した6人は、仕事先から現地へと向かったZEROの待つ、
会場近くの駅へと車を走らせる。

途中事故渋滞に巻き込まれながらも、ZEROの待つ駅に到着。
待たせた詫びもそこそこに、ロケハン会場へと向かうのであった。
ZERO、申し訳ない!(笑)


さて、今回はロケハンと銘打って動いていたのだが、
この日までにフォトグラファー加納がめぼしい場所をリサーチしてくれていたのだ!
本当に頼りになる存在なのである。
写真師マツバラもそうだが、やはりプロフェッショナルは準備もプロである!

というわけで、フォトグラファー加納以外は気楽に目的地へと向かう。
で、駐車するやいなや、喜々としてカメラの準備に取りかかる。

ここは一部で異常な盛り上がりを見せている「KIP光画部」の真骨頂である。
プロカメラマン2人がいるにもかかわらず、アドバイスを聞くこともなく、
好き勝手に写真を撮りまくるのである。
その様子がこちら。




異様な光景である(笑)

これは会場近くの堤防道路での1枚であるが、怪しくて仕方がない。
途中何台か車が通っているのだが、その車内からの視線が痛いほどに突き刺さる!
かと思いきや、当人たちはな〜んとも思っていないのだ(笑)

ただただ熱中するだけで、だれも喋らなくなってくる。
7名全員が真剣に工場とカメラに向き合っている。
途中、プロカメラマンから即座のアドバイスを聞き、写真が見違えるほど良くなる。
自分の中の理想の写真を追い求めつつ、時間だけが過ぎていく。
そんな世界。




それはもう一カ所に場所を移しても同じ。
いつしか静寂の中で、シャッターの音だけが、その音を響かせていた。
そして、3時間ほど経過した頃、ポツリポツリと雨が落ちてきて、
この日のロケハンと称した撮影会は幕を閉じたのである。


この後帰路につくわけだが、途中ちょっと寄り道。
実は中田シェフより夜食の差し入れをいただいていたので、
それを食べながら、反省会をしながらしばし談笑。

そして最後に記念撮影。




この日撮った写真はこんな感じ。なかなかいいでしょ?(笑)
プロのアドバイスがあれば、誰もがこんな写真が撮れますよ!







ぜひこれをご覧になっている皆さんも、一緒に夜景撮影してみませんか?
そして一緒に萌え萌えしましょう!(笑)



KIPプロジェクト・デジカメ撮影講座特別編
「工場萌え♡〜コンビナート夜景撮影会〜」


★開催日時
平成24年10月7日(日) 16:30集合 【小雨決行】

★会場
三重県四日市市
(集合場所などは、参加申し込みいただいた方にのみお知らせいたします)

★講師
松原豊(office369番地)・加納準(加納フォト)

★参加費
1,000円

★持ち物
デジカメ(予備バッテリー)、三脚、ポケットライト
雨具(雨対策グッズ)

★参加申込み
KIPプロジェクトホームページ内申込みフォーム(kip-project.info/next.html#entry)、またはFacebookのイベントページ(www.facebook.com/events/186484114819430/)をご利用ください。

★その他
・駐車場に限りがありますので、グループなどでご参加の場合、
 なるべく乗り合わせていただけますようお願いいたします。
・参加者の当日撮影された作品は、Facebookにて公開したいと思います(希望者のみ)
・夜間撮影となりますので、明るい色・反射素材のある服装など、
 闇に溶け込まない服装でご参加ください。
・参加申し込み多数の場合、早期に受け付けを終了することがあります。
・当日悪天候の場合、中止の連絡を、ホームページ・Facebook・Twitterで行います。