銭湯いこにVol.32「伊賀の銭湯スタンプラリー完全制覇!」その3

投稿日: 2013年12月25日(水)09:21

me032-04 写真/写真師マツバラ(松原豊) 文/ケロリン桶太郎、サルシカ隊長

上の写真。
左から、すずきっくす、ケロリン桶太郎、サルシカ隊長オクダ、ぼーのー隊員。



me032-06


太陽温泉を出ると、伊賀の町は夕暮れに包まれつつあった。
先ほどまで湯船にドブンとつかり、アチチアチチとたっぷり汗をかいたにもかかわらず、冷たい外気で一気に身体が冷える。

「あうううう、寒い、次行こう次!」
「風呂!風呂!」
「あ、その前にちょいとビール飲んじゃう!」
「まだ1軒しか回ってないんだぞ、4軒回るんだから次入ってから!!」
「あううううう」

まあ誰がどの発言をしているかはあえて特定しないが、ワレワレはこんな会話をしつつ銭湯をめぐっているのである(笑)。

サルシカの銭湯企画「伊賀の銭湯スタンプラリー完全制覇」編。
早くもパート3となり、2湯目に入るのである。


さあさあ二軒め。
太陽温泉からわずか数百メートル。
ちょうど下校時間。
部活帰りの中学生とすれ違う怪しいおっさん5人組。
別に悪いことをしているわけではない。
まだビールも飲んでない。
でもなぜか申し訳ない気持ちが胸をよぎったのは私だけではないはず。



me032-11
me032-01


こちらの丸万温泉さん、2012年暮れの落語会のときにノーアポだったにもかかわらず快くご対応いただいたのですが、今日もそういえばノーアポ。
おっちゃんに承諾をもらって突入であります!

※ご主人(徳本さん)を一目見たらおっちゃんと呼びたくなるのです。確認したい方はhttp://www.salsica.com/?p=11822へGo!



me032-03


番台で回数券台の3500円を払うとおばちゃんが石鹸をくれるではありませんか!
そっか!
今日はちょうど26日。
しかも11月なのでイイフロの日じゃああ~りませんか。



me032-09


しかもこの石鹸。牛乳石鹸製品にして銭湯でしか買えないその名も花嫁石鹸。

参考リンク:http://www.cow-soap.co.jp/web/products/brand/ofuroyasan-bathhouse/kesyo-sekken-hanayome.php


聞けば青箱や赤箱のおなじみの石鹸よりも固く練られて長持ちするそうです。なんかうれしいなあ!
ほしい人は近くの銭湯へどうぞ!

思い出してきましたよ。前回お邪魔した時は写真師が不在。そのため隊長と私が
「写真師ならこんな写真を撮るんちゃう」
「いいねえ いいねえ」
などと二人とも自画自賛。
でも今日は銭湯企画にいて当たり前の松原写真師が撮影を担当。
そのぶんしっかりゆっくりお湯に浸かれるし、集合写真も楽ちんなのでした。



me032-10


湯上り。暮れゆく晩秋の空を眺めつつの移動。
ニッポンの晩秋、銭湯の晩秋!
銭湯のあるニッポンに生まれてヨカッタ~!



me032-08
me032-07


太陽温泉、丸万温泉と2軒の銭湯を回った。
残り2軒。
ちょいとここで中休みだ。
水分を補給しなくてはいけない。
ビールは水分じゃないし、また銭湯や温泉に入るのに飲んじゃダメという話もあるが、ちょっとぐらいならいいのだ。
1杯だけよ、1杯だけ!

が、いざ探すと見つからないのが、ちょいと1杯ひっかける店である。

焼き肉屋さんとかうなぎ屋さんはある。
が、そんな店にいきなり腰を据えたら、もうおしまいである。
とても1杯じゃ終わらない。
サルシカ的には、立ち飲みとか、缶詰をキコキコ開けて1杯やらせてくれる酒屋さんなんぞがいいのだが、これがない。
酒屋さんを覗いてみたりしたが、とてもそこで飲ませてくれる雰囲気ではない。



me032-02


そんな中で見つけたのが、こけこっこ本舗。
生ビールありますの看板もあったので、これ幸いと店内に雪崩れ込む。
が、そこは惣菜の販売のお店で、お昼のみランチの営業をしているようであった。
当然夕方のいまは客席の方は真っ暗である。

「あの〜、ビールが呑みたいんですが?」

お店のおばちゃんに問うと、「いまから?」おばちゃんは明らかにワシらのことを不審に思っている様子である。
が、奥にいって誰かに確認してくると、
「唐揚げぐらいだったらいますぐあげるけど、それでいい?」
と言ってくれた。

いいもなにも、唐揚げ大歓迎!
「いい!いい!唐揚げいい! じゃ、生6つ!」
この企画はカメラマンも飲んじゃうのだ(笑)。

「どこからきたの? 取材かなにか?」

写真師がバシャバシャとカメラを撮っているので、おばちゃんが落ち着かず言った。

「伊賀の銭湯をまわっとるの。いまで2軒目。あと2軒まわるの」
「あらあら、それはノドが乾くわね〜、ビール飲みたいわね〜」
「うんうん、呑みたいの!!」

もはやワレワレは従順な犬である。
ビールのためなら何でもしちゃう状況である(笑)。



me032-05


てなわけで、カンパーイ!!
2軒の銭湯に入ってカラカラになっていた身体にビールがしみる!!
五臓六腑に染みわたるとはまさにこのこと!!

「くひ〜〜!!!」
「がは〜〜!!!」

みんな思い思いに雄叫びをあげたのであった。
中休み完了。
続いて後半戦へと続くのである。



つづく