第3回「津市街から御殿場海岸のそら散歩」

投稿日: 2014年06月24日(火)14:10

ms003-1写真&ビデオ/大澤屋の若旦那



前回(第2回)でサルシカの拠点でもある美里のそらを優雅に散歩した大澤の若旦那。
俺が得意なのは冷やし中華だけじゃないぜ、鍋焼きうどんだけじゃないぜ、ベイベ〜、と眼下の人びとに話しかけつつ、美里の山から津の市街地へと滑空していったのであった。



ms003-2


緑の田んぼ、黄金色の小麦畑がモザイクのように重なる地帯から、コンクリートの街なかへ・・・。
地方都市は境界線がわかりやすいので面白い。



ms003-3


岩田川とNTTの鉄塔。
子どもの頃から見慣れた風景だが、空からみるとまったく違う。



ms003-4


こちらは津球場周辺。
よく見たら高いビルが全然ないな〜(笑)
津市で10階建っていったら高層ビルだもんな〜。
最高は何階建だろう(笑)。
でもね、ビルが低いと空が高い。
これ本当!!



ms003-5


中部国際空港へとつながるフェリーターミナル「なぎさまち」から海へ。



ms003-6


ここの海岸の名前はなんと「贄浦(にえうら)」。
ひええええ、なんちゅう恐ろしい名前をつけるねん!!!

エンジン、スローダウン。
どんどん高度を落としていく。



ms003-7


そして波打ち際に手が届くほどの高さまで・・・・・。
パラモーターってすごいね。



ms003-8


ウィンドサーフィンをやっている人をひやかして・・・・。
海と空、ともに風で遊んでいる。



ms003-9


そして潮干狩りと海水浴で賑わう御殿場海岸へ。
そんなところに飛んでいったらもう注目の的ですがな。
ヒーローですがな(笑)

山から海へ・・・・。
こうして楽しめるのが三重県津市のすばらしさ。

さて、ではこの様子も動画で楽しんでいただこう。








あと、大澤屋さんの情報は、こちらで!(笑)