第11回「南伊勢・下見キャンプ」その1

投稿日: 2008年04月12日(土)13:46

0012

0023

バカエミ「もう我慢できやんに」
M子「私もこれ以上ムリ」
バカエミ「いったい私、どうしたらええの・・・?」
M子「どーしよう・・・」

バカエミとM子はゴールデンウィークのサルシカ大キャンプが待ちきれず、下見と称して突然出かけることにしたのだ。

バカエミの夫のかっちゃんが仕事の都合がつかなかったが、バカエミはあっさり彼など切り捨てるのである。

「キャンピングカーは私が運転していく。来たかったらあとで勝手にこい」

もはやバカエミとM子はやりたい放題なのである。

0032

午前11時30分。
出発前に、肉の専門店「朝日屋」に立ち寄る。

キャンプの前には必ず朝日屋!
これが三重津市っ子の常識である。
BBQの肉を調達。
ハラミ、モモ、ステーキ肉、ソーセージ合わせて2㌔を購入。

そしてお昼ごはん用に松坂牛入りのコロッケ(128円)を9個購入!

0042

揚げたての松坂牛コロッケ。匂いがたまりません。

0052

お昼を待たず食べる隊長。行儀が悪い。

0062

バカエミが5合分のおにぎりをつくってきてくれた。
これと松坂牛のコロッケで車中ランチである。

今回の参加者は、バカエミ、M子、隊長
そして子供たち(従兄弟グループ)6名。
キャンピングカーは2台。
ハイマーS550のサルシカ号と、バンテックのテラ500である。

0072

バカエミ運転のバンテック・テラ500。

007-2

津ICから伊勢自動車道に乗り、伊勢方面へ。

0082

1時間ちょっとで南伊勢に到着。

007-3

子供たちはお約束どおり泥沼の眠り・・・。

0092

今回のキャンプ地は、亡き父が発見した、南伊勢にある秘密の海岸である。
ゴールデンウィークに、サルシカ大キャンプの開催予定地である。

それにしてもここは本当にいいところだ。
海を正面にして左手には、磯ものがたくさんいる磯があり、右手には魚か結構つれる防波堤がある。

そして簡易ながら無料で使えるシャワーとトイレがあるのだ。

0101

左手の磯。
おじさんが磯ものを獲ってます。

0121

防波堤。釣りをしている人が途絶えません。

0131

これがシャワーとトイレです。
当然ながら水しか出ませんが、あるだけでありがたいです。

0141

到着するやいなや、
バカエミとM子はウェットに着替えます。

タープを張ったり、BBQの準備はすべて隊長任せです。
もちろん子供たちもみんな遊びにいってしまって、作業は隊長ひとりです。

あんまりです。
涙が出てきました。

>>>その2に続きます。