うまっぷ制覇その⑥うなふじ

投稿日: 2009年07月17日(金)13:56


2008.01.24訪問。

津ぅの方々は、ウナギに関しては一家言あるようで・・・。
私の暮らす集落のおじ様方から、絶大な人気を博しているお店です。
unafuji11
高野尾町にございます『うなふじ』。
雪が横っ飛びに飛び吹雪く、寒い寒い日に行ってまいりました。
実はこの前日、夫が抜け駆けをして先にこのお店に来てしまったため、私が大激怒。
夫は二日続けての来店となりました。
unafuji21
メニュ。
潔いですね。
注文したのは、うなぎ丼(上)です。
復讐のため、特上にしてやろうとも考えましたが、この地でのランクアップは「量が増える」に終始していることに気づいたので、やめました。
そこまでは食べられません。
それにしても嬉しい価格帯です。
※これは2008年1月訪問時の価格です。
 変更になっている場合もあります。
unafuji3
『うなぎ丼 上』1330円(訪問時価格)。
注文して5分経っていません。
でも熱いです。少し不思議な食感です。
表面はカリッとしていて、脂を残して焼いた歯ごたえですが、津にしては珍しく、少し蒸してあるのでしょうか?身がかなり厚いにもかかわらず、ふわりとしています。タレは一口目は若干甘目と感じますが、食べ進めていくうちにむしろ、あっさりしてきます。タレとご飯の配分も丁度良く、また、身があっさりしているのに対して、タレがテラテラとしています。これはうなぎをドボンとタレに漬ける事によって、タレに脂が蓄積されているのでしょうか?
謎の多いうなぎ丼です。
そして、実は一番気になったのは、お吸い物です。
他の店ではかなり濃い目の鰹出汁の香りがするのですが、ここはあまりしません。昆布が強めに感じる気がします。さらに、魚×魚のぶつかりを抑えるために、お酒か味醂を若干多めにしているのでしょうか?

身がふっくらとしているのに、しつこくない。
お吸い物が鰻の邪魔をしない。
これがおじ様方に支持される所以でしょうか・・・。

ちなみにこの一件以降、夫が抜け駆けをすることはなくなりました。

ご馳走様でした!

うなふじ
住所 津市高野尾町633-29
TEL 059-230-0093
営業時間 11:00~13:30
15:00~18:00
定休日 火曜日