第15回「南島GWキャンプなのだ」その1

投稿日: 2008年05月03日(土)13:38

001


より大きな地図で konoatari を表示

002

行ってきました、GW恒例の南島キャンプ!
はい、2週間ほど前に、バカエミとM子が我慢しきれず、下見キャンプした場所でございます!

亡き父が見つけた、トイレあり、水あり、浜あり、磯あり、堤防あり、という、なんとも素晴らしい秘密のキャンプ場でございます!

バカエミはいつも以上に張り切っております。
家族を引きつれ、前日の夜に到着。
しっかりと場所を確保しておりました。

003

というのも、秘密のキャンプ場と言いながらも、最近はかなりの人気スポットになりつつあります。

隊長一家が到着した際には、なんとすでに浜はこんな状況・・・。

バカエミ一家のかなりヒンシュク的な「この場所とったどー」作戦がなければ、いつものお気に入りポイントは確保できなかったのです。

というわけで、一応上に地図を出してますが、まあこんなアバウトな感じで許していただきたいのである。
あとは各自、自分のお気に入りスポットを探して頂きたいのだ。

004
005

参加は隊長一家、バカエミ一家、そしてゆかり。
子供たちはいつもと同じく6名!

006

昨夜遅くここに到着したバカエミは、朝からフルウェットを着込み、挙句には水中メガネまで装着して、M子の到着を「まだかまだかまだか」と待っていたらしい。

我われが到着するやいなや、M子を誘ってすぐさま磯へGOなのである!

またもや準備はすべて隊長まかせ、かっちゃんまかせなのである。

010

な、なななな、なんとM子がサザエをGET!
うれしくて浜にまで持ってきてしまった。

「バカやろう、すぐさまリリースせんかい! 怒られんぞ!」
と、隊長

獲ったら食え、食わぬなら獲るな、が鉄則のサルシカ隊ですが、漁業権は守ります。
(このサザエはこのあとリリースされました)

007

南島キャンプに、M子の姉のゆかりが初参加です。
川崎からやってきました。

ゆかりはかつてカヌーやスキーに燃えるアウトドア女でした。が、今はその影もなく、今回は子供たちの奴隷要員として参加。

そのうえみんなの食事もつくらされます。

なぜなら、みんな出かけてしまってテントやタープに大人がいないからです。

008

昼食は、なんとハンバーグハウスBINGOのハンバーグ!

実は、隊長とバカエミの間には、もうひとり幻のような長女が存在するのである。
つまり隊長のもうひとりの妹であり、バカエミの姉である。
しかし彼女はマジで海や山などのアウトドアがキライで、サルシカ隊にも入っていない。

その彼女がBINGOをやっているのだ
ちょっと宣伝しちゃうけれど、この間まで休業していたのが再オープンしたのだ。

バカエミも隊長もこのハンバーグが好きなので、出発前に無理やりタネを奪ってきたのである!!

009

BINGOのハンバーグは味もいいが匂いはもっといい。
周辺のテントからタープから「なんだなんだ、この匂いは」と顔を出す人が続出したのである(ちとウソ)。

左の写真は、398円の500膳入りワリバシを自慢げに見せるバカエミ。

「お兄ちゃん、500膳やにィ、398円やにィ、スゴないィ、な、な、M子さん、スゴないィ」

お兄ちゃんにも隊長にも、なにがそんなにうれしいのかちっともわからないのである。

011

そして今回のキャンプでは、なんとサルシカ隊の新たな野外兵器が新登場なのだ!

先日、鈴鹿のモンベルで購入したフォールディングカヤック(組立式カヌー)です!

お店で組み立て方を教えてもらったのだが、ひとりで作るのは今回がはじめて。
慣れれば15分で完成するそうだが、今回は1時間近くもかかってしまった・・・(涙)

012
013

えーと、えーと・・・(説明書を読んでる)
カヌーらしくなってきた(ホッ・・・)

014

いよいよ進水式です。
前方にかっちゃん、後方に隊長が乗り込みます。

初めてのフネに乗るときは、いつもドキドキワクワク。
いきなり海ってのもどーかと思いますが、大雑把なサルシカ隊の面々は誰も気にしません。

015
016
レッツラゴー!いきなりドンドンいきます!
リアス式海岸なので波があまりありません。

018

陸からはおりられない浜辺を見つけて、かっちゃんと上陸しました。
こういうのが、カヌーの楽しいところです。

ちなみにこの辺りの海は、リアス式海岸で陸のかなり奥まで海が入り込んでおり、波は少なく、シーカヤックの人気スポットです。

019

キャンプ地に戻ると、タープの中でM子とゆかりが・・・。
キャンピングカーの中では、バカエミが・・・。

静かな午後のひとときをお過ごしでした。

020子供たちだけで遊ぶのにちょうど退屈をしてきていた子供たちは、浜についたカヤックに群がります。

「乗せて乗せて乗せて乗せて乗せて乗せて!」

順番に子供たちを乗せることにしました。
6名でふたりずつ、1回では満足せず、2回目も。
2回目はえんえん遠くまで。

隊長である私は、この日、どれだけの距離を漕いだのかまったく想像がつきません。

が、あれから数日たった今も腕が痛いです。

021
022

はい次いくよー、おいお前も漕げって!
もうカンベンしてください。いいですか?

023

腕があがらない隊長を囲んで、
「カンパーイ!」

明るいうちから宴会がはじまります。

今回も朝日屋の肉!
計3キロもあります!
買いすぎです。
バカです。
(でも2泊3日で完全消化してしまった!)

>>>その2につづくのである。