「まるう本店のその後」第536回サルシカ隊がいく

投稿日: 2017年03月19日(日)09:16




昨年(2016年)4月にオープンした「おばんざいバルすみす」。
そして今年(2017年)2月に連続してオープンした「キャンプバー・ランタン」と「歌声サロンまりりん」。
なんとサルシカがプロデュースした飲食店は3店舗になった。

まだすみす1店舗しかなかった昨年から、週に1度は女将の寿実ちゃんを交えて会議をしてきた。
売上だけでなく、お客さんの流れ、オーダーの状況など、しっかり数値で確認し、問題点をチェックする。
われわれは飲食店のプロではないので経験が圧倒的に不足している。
その経験不足をおぎなうためには、当たり前のことを手を抜かず愚直なまでにしっかりやり、お客さんの期待に応えるしかないと思っている。
だから、当たり前のことがきちんと出来ているかみんなで確認してきたのだ。

そこに昨年の終わりから、ランタンのみずのっち、歌声サロンまりりんのまりりんが参加。
相互に刺激を受け、意見を交わしながら続けてきた。

そこに、来月4月7日にオープンするサルシカプロデュース第4号店の「串揚げまるう本店」の藤井夫妻もついに参加なのだ。
それを記念して大森屋仲見世通り店でカツ丼の出前をとり、みんなで記念撮影した。

なぜカツ丼なのかは誰にもわからないし、おおよそ意味はない(笑)。

しかし今後サルシはどうなるのであろうか。
フランチャイズの全国チェーンでもつくるのであろうか。

そうなったら現場監督の中谷の父ちゃんは全国をめぐって工事をしなくちゃならんな(笑)。






さて。
オープンまであと2週間ほどになった「串揚げまるう本店」である。

藤井さんたちがこつこつと荷物を運び込んでいた。
ふたりはいま移動販売車で営業しているし、これまでにも店舗の経営経験があるので、かなりの備品を持っている。
そして何よりわれわれより先輩の飲食店経営者なので、どんどこ勝手に進む。
何も心配いらない。






サルシカ店舗の水道工事といえばこの人!
ベターハウジングの佐野さん。






カヌーに乗ったり、空を飛んだりと遊んでばかりいるわけではない。
仕事もきちんとやってるのだ。

安全をしっかり考え、なおかつ低コストで給湯器を取り付けるにはどうすればよいか。
試行錯誤してその方法を見つけ出してくれた。






屋根裏から見つかった手洗いも厨房の中に設置。
手洗いがないと保健所の許可が下りないからね。






別日。
厨房機器が搬入される。

サルシカ全店舗でお世話になっている新橋さん。
2月に2店舗オープンしたばかりなのに、もう次の店舗の準備ってことで、さすがに社長も呆れている(笑)。







新店舗出すたびに10%引きってのはどうでしょう。
10店舗目は無料で厨房機器プレゼント〜って仕組みは??
そしたらわれわれがんばっちゃうけどな〜(笑)。






串揚げだからフライヤーが欠かせない。
これまでのものはプロパンで、この商店街は都市ガスなので使えない。
プロパンを使えばいいのだけれど、ボンベを置く場所もないから仕方ないのだ。






冷凍ストッカーは2階に。
ランタンの食材も入れさせてもらうことに。
なにぶんみな小さい店なので荷物の置き場に困るのだ。






同じ大門商店街のお寿司屋さん「魚九」のお母さんが様子を見に来てくれる。
大門には魚九という寿司屋が2軒あるのでご注意を。
こちらはランタン、まりりん、まるうが出店する津観音横の古い大門商店街の中にある魚九さん。
薄暗い路地にあるけれど、味と値段は隊長のわたくいが保証します!!

あのね、お寿司1人前1000円ですよ。
この間ビールを飲んで1人前食べたら1600円。
チャージもなし。
にぎりは小ぶりでまさにつまみ寿司。
隊長のわたくしと中谷の父ちゃんはすっかりはまって入り浸ってます(笑)。

*ランタン2Fで宴会の方は魚九のお寿司の出前可能です!!
もちろん4月7日以降はまるうの串揚げも!!!





厨房機器が搬入されている同じ頃、ランタンではまるうの看板のデザイン打ち合わせが行われていた。
デザイン担当は橋本さん。
はい、すみす、ランタン、まりりん、すべて担当してくれたデザイナーですね。

まずはロゴ、のれん、メニューボードなどなど・・・・・
トータル的にコーディネートしてもらう。






さらに!
商店街の大通りでは、脚立にのぼった怪しい黒づくめの男が!!!






おおおお、ひかりの魔術師・鳴海さん。
津市美里に拠点を置く演劇集団「第七劇場」の主宰者で、舞台ゲージツ家である。
そして、この人も、すみす、ランタン、まりりんの照明を担当してくれた。

が、今回はまるうのお店だけでなく、なんと商店街のライトアップそのものを担当してくれるのだ。
いったい何をしようというのか。
こちらに関しては、また詳しくレポート、紹介するのでもう少々お待ちいただきたい。






フライヤー、コールドテーブル(冷蔵庫)、製氷機・・・・。
厨房機器がすべて入った。






そして、まるうがイベントに出店中の土曜日。
中谷の父ちゃんが照明の電球をすべて交換。
もちろん電球はひかりの魔術師にアドバイスをもらったもの。

ひかりが変わるだけで店の雰囲気がぐんと変わった。
急に高級感が出る(大衆店だけど。笑)。






扉を通してみるとこんな感じ。
ええ感じやん!!!!

メニューも屋台とは少し変わる予定。
串揚げ大好きなM子も参加し、メニュー開発スタート!

オープンまであとしばしお待ちくださいませ!!!!