「バーベキューからマルシェなのだ」第587回サルシカ隊がいく

投稿日: 2017年07月23日(日)17:20




6月24日(土)
7月1日(土)
7月7日(金)
7月8日(土)

三重県津市大門の商店街を熱く焦がす戦いが終わった。
大門まちなかバーベキュー
サルシカの歴史にその名を残す戦いであった。






最後の戦いが終わって一週間後・・・。
ようやく蓄積した身体の疲れもとれて、サルシカの備品の片付け。

超節約イベントであるものをとことん利用したので、お山に戻す備品の量が半端じゃない。
準備のときは軽トラでじわじわ運んだので気づかなかったけれど、いざ一度に運ぼうと思ったら軽トラではとても不可能。
といわけで2t車のレンタカーを手配。






大門商店街の店舗チーム・・・キャンプバー・ランタンのみずのっち、歌声サロンまりりりんのまりりん、串揚げまるう本店の藤井さん、そしてヘルプのメンバーと、空き店舗に入れてあった荷物を一気に運び出す。






午後1時からはじめて1時間。
午後2時にすべてを積み終える。
みんな汗だらだら。






これから店の準備がある店舗スタッフを商店街に残し、そのほかのメンバーは津市美里町の旧長野小学校に。

そう!
ここは今年3月に閉校になった小学校で、8月20日に「みさとの学校マルシェ」のイベントが開催されるところだ。

まだマルシェまで1ヶ月以上あるけれど、荷物をここに運び込み、次のイベントに控えるのである。






小学校では荷物を待ち受けるチームが待っていてくれた。






教室のひとつに荷物を運び込む。
テーブルはマルシェの売り台に利用される。

あと1週間もしたら、ブース割がはじまるのである。






バーベキューを終えてマルシェへ・・・。

まさにイベントのバトンタッチ。

マルシェは出店者数が80を越え、津市最大級のマルシェになりそうな気配である。
もう休んでいるヒマなんてないのである。

ちなみに七輪は、10月の終わりにこの小学校で開催される地域のためのイベントに利用される。
このムダのない動き(笑)。






荷降ろしは30分ほどで完了。
人数がいると早い早い。

しかしみんな汗だく。
学校の敷地内にある「美里ふるさと資料館」に入って涼みながら、美里の歴史を学ぶ。
決して涼を求めてだけではない。
つねに学ぶ気持ちを忘れないのがわれわれサルシカである(笑)。






そして同じ美里町内にあるサルシカ秘密基地に移動。
バーベキューで大活躍したカマジイチームがただちに炭に火をおこす。
もはや彼らは七輪と炭を見ると、おもわず火を起こしてしまうのだ(笑)。






「3番テーブル、七輪入りました〜!!!!」

自虐的なギャグをぶちかますカマジイ久保ちゃん。
いったい何をはじめるのか。






尾鷲市早田から2時間近くかけてやってきた青田さんが、魚をさばきはじめる。
そう、きょうは大門まちなかバーベキューの打ち上げ!!






すべての片付けも終えて、みんなで労をねぎらい合うのだ。

肉もきた。
生ビールもきた。
ワインもきた。






そして新鮮魚介もきた!!!
これは花屋の中村さんの差し入れのサザエ!!!






久保ちゃんは大台の天然鮎を持ってきてくれて、そのままアミに載せる!!!
これはうまいだろ〜!!
うまくないはずない!!






「おつかれ〜!!!!」

バーベキューの打ち上げはバーベキューで。
どれだけバーベキューが好きなんだ、おれたち(笑)。

こうして、大門まちなかバーベキューは終わった。
またあるだろうけれど、ひとまず第1回は終わった。

今度はマルシェ。
小学校の校舎をまるごと使った巨大イベントだ。

こうして「みさとの学校マルシェ」は幕開けをした・・・・。