「差し入れと宴会準備と」第596回サルシカ隊がいく

投稿日: 2017年08月16日(水)09:05




8月20日の「みさとの学校マルシェ」の準備イベントは、8月11日と12日の2日間にわたって開催された。
可能な人は学校に泊まって合宿をしつつの作業なのだ。






メインとなる工事は「お化け屋敷」。
その作業1日目は佳境を迎えていた。

地元の木材屋さんに安くわけてもらった木材をカット。
合板を貼って壁をつくる。






もはやお化け屋敷ではなく、劇場のセットなのだ。
本格的な工事がつづく。






お化け屋敷の内部では塗装がはじまっていた。
黒かと思いきや白。
いったいどのようなセットができあがるのか想像もつかない。






サルシカのIT部長であるエネオス稲ちゃんが差し入れのビールを持ってきてくれた。






IT部長は、マルシェでも体験講座をやってくれる。
その場所の下見。
2階の理科室の準備室である。

スマートフォンで撮影する写真講座。
マルシェでスイーツを購入して練習をするとか。
これは出店者の方こそ気になる講座になるのではないかと思う。






午後3時。
おやつの時間。






おやつは、エネオス稲ちゃんの妹のあけみちゃんが差し入れてくれた手作りの水まんじゅう!
しかもこんなに大量に!

あと、南さんに差し入れてもらったガリガリ君アイスもいっぱい!!






涼しいスイーツを楽しんだあと、本部となる放送室のマイクテスト。

「みんな、協力ありがとう!!
手伝ってくれたみんなのために愛をこめて歌います!
山口百恵の『コスモス』・・・」

などと言っている山ピー(笑)。






放送は、1F、2F、体育館、グランドとわけて放送もできるし、すべてにもできる。
マルシェ当日は、静かに音楽をかけておこうという話になったが、お化け屋敷の前にあるスピーカーからも音が出てしまう。
お化け屋敷に軽快な音楽は困るので、音がでないように配線を外す。






お化け屋敷の内部は壁が天井まで立ち上がり、かなり形になってきた。






これはお化け屋敷の出口付近。

もうこのあたりから詳しくは見せられない。
当日のお楽しみである。






夕方になると、美里の山はピンク色に染まった。
校舎の外にテーブルを並べ、宴会準備がはじまる。






学校の神聖な冷蔵庫が、差し入れや買ってきたビールでいっぱい。
ワインやシャンパンも入っている(笑)。






大門まちなかバーベキューで釜ジイがすっかり定着してしまった久保ちゃんが炭に火を起こしはじめる。
わざわざ「大門まちなかバーベキュー」のTシャツを用意してるし。

さあ、
陽が暮れたら、いよいよお化け屋敷のオープニング映像の撮影。
そして宴会だ!!!!



>>「みさとの学校マルシェ」詳細はこちら!