「どこもかしこも!」第607回サルシカ隊がいく

投稿日: 2017年08月28日(月)09:03

写真/フォトグラファー加納    テキスト/サルシカ隊長



どこもかしこもすごい賑わいであった。

隊長のわたくしがこの美里に引っ越してきて、娘がこの長野小学校に入学したとき、35人の児童しかいなかった。
同学年はたった2人。
そんな学校にこれまで見たことがない数の人が溢れていた。

運動会よりも、入学式よりも、卒業式よりも、たくさんの人が集まっていた。






こちらは由香里ちゃんのブース。
久居げんき会のメンバーであり、みずのっちのキャンプバー・ランタンでもいろいろお手伝いしてもらっている由香里ちゃんは、ぷち苔庭みたいな体験ワークショップを。






あ、これこれ。
いま話題のお昼寝アート!
アートリトルラミーさん。

娘が赤ちゃんのときに撮影したかった!!






エネオス稲ちゃんのスマートフォン撮影講座。
出店者の人が興味津々の講座なれど、お客さんが多すぎて出店者のみなさんは立ち寄ることもできず。






姿勢専科KCSセンター四日市北さんによる、姿勢チェック、姿勢調整体験。
やまびこカフェのお母さんが体験中。






久しぶりの登場!
大工のT橋の「もっかぐらfun」によるカホンづくり体験ワークショップ。






鼻笛奏者モスリンさんによる鼻笛ライブ、教室、販売。
鼻笛の在庫の半分が売れてしまって、次の北海道ツアーまでに「大量に仕入れをしなければ!」と焦っていた。






食事スペースにした1階の教室はずっといっぱいの状態。
畳を敷いたスペースも子供連れに人気。

会議用テーブルの数が足りず、座卓が残ったため、苦肉の策でお座敷にしたのだが、これがよかった。






中伊勢温泉郷の津ぎょうざブースは、給食室の中。
巨大な津ぎょうざをどんどん揚げる、涼風荘の伊藤さん。

「やばい、津ぎょうざがなくなる〜〜」

の表情(笑)。






大門まちなかバーベキューでタッグを組んだ、大門商店街の理事長のチカちゃんと、朝日屋社長の香田さんが里山の小学校で奇跡の再会。






家庭科室。
津市NPOサポートセンター提供の「リアル脱出ゲーム」もずっと定員いっぱいの状態。
みんな脱出できたのかな。






理科室。
バリスタチャンピオンによる水出しコーヒーのワークショップ。
こちらもずっと満席!
氷がずっと足りず、氷との戦いであったという。






外の露天コーナーも大賑わい。

乾塩法ベーコン、ボロニアソーセージなどの氣実さん。






おいしいクリームたっぷりのクレープを販売するのは、Smiley Cafeさん。






名古屋駅前の人気店「シュリンプポイント」さん。
ガーリックシュリンプが大人気!
食べたかった!!






前日搬入をしていっしょに合宿をした「串や 黒丸」さん。
ずっと香ばしい煙を漂わせ続けていた。


マルシェ開始から1時間。
こうやって書くと、大盛況、大成功であるが、学校の外ではとんでもない事態が発生していた。