「工事が終わっちゃったよ!」第674回サルシカ隊がいく

投稿日: 2018年04月12日(木)09:43

写真/フォトグラファー加納



大門V計画。
最終工事イベントがいよいよ今回で完結する。

長かった・・・・
ような気もするけど、2月の中旬からスタートしたのでまだ2ヶ月も経過していないのだ。

わずか2ヶ月の間に、ベトナムカフェとフリースペースの2つのエリアを開発してきたのである。






ファイナル工事2日目の午後。
ベトナムカフェ2階の物販ゾーンの大工作業に着手。

リーダーとなって動いてくれたのはリンちゃん。
午前中仕事をやっつけ、駆けつけてくれたのだ。






「隊長〜、丁寧にやる〜、それとも早くやる〜?」

わかっている男なのだ。
最終の仕上げは何かとやることが多くて時間が足りない。
もちろん優先すべきは時間!!

リンちゃん、あっという間に天井の穴を塞いでいく。






塞いだところは、すぐさまペンキぬりぬり「桃色組」の女性チームがペンキを塗っていく。
2階部分はクリーム色。

色とりどりのベトナム雑貨を並べるため、極力色をなくすのだ。






押し入れの中、壁の補修部分など、桃色組がどんどん塗っていく。






2階の通路に出る扉が朽ちていたので補修。

テッポウを射つ谷和美。
こいつはなんでもやるなあ。






雨除けの補修。
フォトグラファー加納さんがカメラを預けてのこぎりでギコギコ。

「おれもたまにはやりたかったんや!  日曜大工結構やるんやで!!」

が、加納さんが使っているノコギリは、ビニールパイプを切る専用のヤツだ(笑)。






3時のおやつは、「ふわっほわっラビッツ」の池田夫妻のシフォンケーキ!
贅沢!






あとは残した小さな作業と片付けのみ!!
最後の修羅場なく、工事を終えられそうな気配。






さあいよいよ最後の作業だ。

きよじ隊員が、新たにつけた階段部分をオイルステンで塗り、色を他の部分に揃える。






2階も最後の作業に入っていた。
窓の下部分に板を貼り付ける。

が、これがなかなかむずかしい。
窓下のコンクリが劣化して、コンクリビスがとまらない。






が、なんとかビス止めして工事完了〜!!!!!!!

イベントとしての工事はすべて終わった。
あとは照明と看板を光の魔術師鳴海さんにお願いし、保健所の許可などを取るのみだ。






「みなさん、ありがとうございました!!!
これで終わりではなく、これからがスタートです!!!
みなさんの期待を裏切らないよう、いい店に育てていきます!!!」

前日フォーを忘れて地位が谷底まで落ちていたモルタンが、感謝のあいさつ。






工事が終わり、サルシカとしての作業はここまで。
あとは、モルタンとクレアの手に委ねられた。

ランタン通りの一員として、キャンプバー・ランタン、歌声サロンまりりん、串揚げまるう本店と共に、商店街を盛り上げていく。
ランタン通りは新たなステージへと移るのだ。






さて。
気になるオープンの日であるが、2018年5月1日に決定した。
30日は工事を手伝ってくれた人へのふるまいの予定。

5月1日からしばらくは、プレオープンとしてメニューや営業時間を制限して営業し、ベトナムランタンがランタン通りを飾る日(まだ日時未定)にグランドオープンということになった。
営業の詳細はまたサルシカでも告知していくのでぜひチェックしてもらいたい。

ベトナムカフェ「アンコムチュア」の工事に協力してくれたみなさん、
関係者のみなさん、本当にありがとう!!

さあ、これからが勝負だ!!!!