「やまびこカフェ2018年4月」第675回サルシカ隊がいく

投稿日: 2018年04月13日(金)09:17




2018年4月8日の日曜日。
桜はすっかり散ってしまったけれど、三重県津市美里町平木にあるサルシカ秘密基地の芝桜は満開であった。
濃厚な匂いをあたりに漂わせている。

この芝桜は、サルシカ隊員の三津谷のとうちゃんが植えてくれたもの。
毎年花をつけ、さらにその範囲は広がりつつある。

4月の「やまびこカフェ」は、春の陽気と、芝桜の香りに包まれてのオープンであった。






秘密基地のウッドデッキには見事な牡丹の花が。
コミュニティカフェを運営するお母さんのひとり、野田千恵子さんがいつもなにがしらの花を用意してくれる。
これを楽しみにしていている地域のお母さんもいるほどだ。






この日も早朝から平木区のお母さんたちがモーニングの準備。
最近、役割分担が明確に別れているらしい。
非常に効率よく仕事が進んでいく。






メニューボードの作成は谷田さんの仕事。
季節のイラストを必ず入れ、わかりやすく、大きな字で。






モーニングの盛り付けをしているトレーラーハウスにいくと、リーダーの田中さんがつまみ食い中(笑)。
この日もお母さんのひとりがデザートの差し入れ。

食事のあと、自由につまんでいただく。






こちらがそのデザート。
しっとりしたバナナケーキ。






そうそう、近頃では、食器などの収納場所もお母さんたちが決めてくれていて、正直な話、わたしやサルシカのメンバーがいなくても、全然カフェの運営は出来てしまう。
お母さんたちのパワーには恐れ入るばかりだ。






これが今回のメニュー。
豪華でしょ。
毎回思うけれど、これで200円!
しかもこれで赤字じゃなく運営しているのだからすごい。






午前8時。
お客さんがやってきましたよ〜。

今朝は天気がいいけれど、昨夜は氷点下まで気温がさがったので、来客数がちょっと心配。
高齢者の方が多いので、どうしても天候に左右されるのだ。






それでもウッドデッキはすぐさま満席に。
ワイワイガヤガヤ。
これぞコミュニティカフェである。






で、これがこの日のモーニング。

この4月から、美里町の辰水地区でも閉校なった辰水小学校を利用してコミュニティカフェがはじまる。
高宮地区にも「まめカフェ」というコミュニティカフェがある。

これで美里町の3つの小学校区すべてにカフェが誕生したことになる。
今後は連携プランとか考えていきたいなあ。






予想通り、この日のお客さんはちょっと少なめ。
その分、お母さんたちも含め、おしゃべりを楽しんでもらう。






カフェを終えて、お母さんたちの食事。
こちらもにぎやか(笑)。

時間が許す限り、みなさんには楽しんでいただきました。