「祝!ランタン通り1周年!大門ぶらぶらスタンプラリー」第677回サルシカ隊がいく

投稿日: 2018年04月15日(日)08:56

写真/みなさんの写真で構成しました


ランタン通りが誕生したのは、2017年4月7日。
点灯式には津市の前葉市長をお招きした。
ちょうどその日は前葉市長の誕生日で、点灯式のあとみんなでお祝いしたのでその日付をよく覚えているのだ。

あっという間に1年が経ったのだ。






ちなみにランタン通り第1号店の「キャンプバー・ランタン」のオープンは2月3日だった。

この店の開店が、ランタン通りにつながり、そして、次々にお店をオープンさせることになった。
大門商店街としては、大きな転機となるきっかけのお店だ。

キャンプバー・ランタンも1周年を無事に迎えることができた。
立地、もろもろの条件からいって、正直成功させるのは難しいと思っていた。

が、本当にたくさんの人に支えられ、営業を続けてくることができたのだ。
感謝の言葉しかない。






そして歌声サロンまりりん
こちらはランタンから10日ほど遅れて、2月15日にオープン。

ランタンとほぼ同じタイミングで工事をはじめたのだ。
1店舗だけでも負担が大きいのに、2店舗同時にオープンさせるなんて無謀すぎる、と、かなりの人に言われた。
正直、サルシカを代表するわたくしもそう思っていた。

まりりんもがんばったし、こちらも本当にたくさんのお客さんの応援を受けた。
心から感謝!






続いては、4月7日のランタン通りの点灯式当日にオープンしたのが「串揚げまるう本店」。
もともと移動販売のお店としてオープンし、サルシカのいくつものイベントに参加してくれた「まるう」。

店舗だけでなく、商店街に通りをつくりたい。
新たな人の流れをつくりたい、というわたしたちの要望を聞き入れ、ランタン通りの1角に出店してくれた。

わずか2ヶ月のあいだに3店舗。
いま改めて思い返すと、トンデモナイことをやってきたなあと思う。






というわけで・・・・
4月3日(火)から4月7日(土)まで、ランタン通りの1周年と、串揚げまるう本店の1周年を記念して、特別キャンペーンを実施することに。

キャンプバー・ランタンのマスター・みずのっち、歌声サロンまりりんのまりりん、串揚げまるう本店の保っちゃんとあーちゃん。
ランタン通りの各店舗のメンバーが企画し、実施するイベントである。






それが・・・・
大門ぶらぶらスタンプラリー!
モンブラ!!

期間中、各店舗にいくと、ワンドリンクやクッキーがプレゼントされて、なおかつ期間中に3店舗すべてをまわると、キャンペーン終了後、各店舗でまたまた特典が受けられるという仕組み!!

予算もないので、すべて手作りのイベントであった。






そして4月3日。
大門ぶらぶらスタンプラリー「モンブラ」スタート!!

まずはフォトグラファー加納さんが、まるうの二人にケーキのプレゼント!
加納さんは2月からランタン、まりりん、と次々にケーキをプレゼントしている。

いかつい顔をしてケーキをぶらさげやってきてくれる。
ちょっと怖いがありがたいのだ(笑)。






たくさんの人がモンブラに参加してくれ、そしてこんな写真をSNSにどんどんアップしてくれた。






これは、歌声サロンまりりんの特典のクッキー。






初日から3店回ってコンプリートの人が続出。
ありがたい限りなのだ。






1周年を迎えるまるうは、さらにお店オリジナルのプレゼントや企画も用意。
たくさんのお客さんで賑わった。






キャンプバー・ランタンは2階のテントルームも満員御礼!!
マスターみずのっちいわく、「ずっとこのキャンペーンが続いたらぼくはたぶん疲労で死にます」。
いやいや、このご時世、ありがたい話じゃないの。






鼻笛奏者のモスリン(埼玉在住!)も、鈴鹿でライブのあと、ひょっこり顔を出してくれた。






で、その夜も当然大盛り上がり!!






今年5月1日には、ランタン通りに新しい仲間が増える。
ベトナムカフェ「アンコムチュア」。

そしてフリースペースでは、屋台などの出店も検討中だ。

大門ぶらぶらスタンプラリー、モンブラ。
次回はさらにスケールアップして開催予定である。

参加していただいたみなさん、本当にありがとうございました〜!!