「ビスケットとIPL」第695回サルシカ隊がいく

投稿日: 2018年06月06日(水)15:19

写真/フォトグラファー加納



ビスケット・ネックレスというものをご存知であるか。

上の写真にあるような、尾鷲ヒノキのデザインパーツを自分で選び、自分で編んで組み立てるアクセサリーで、ビスケットのような形からその名前がつけられた。
パーツの種類は100種類以上!
その組み合わせは2万通り以上になるという!!
ほほーう。

しかもこの体験ワークショップは全国で開催されており、なかなかの人気であるらしいのだ。






そのビスケット・ネックレス・ワークショップをバーでやっちまおう、しかもビールを飲みながら・・・と、考えたヤツがいた。
キャンプバー・ランタンのマスターみずのっちである。







しかも提供するビールは、クラフトビール!
美杉リゾートがつくるオリジナル(火の谷セッションIPL)なのだ!
それを今回限定で1杯500円で出しちゃったんだと!!

これはあかんやろ。






しかも笑えるのが、ビアサーバー。
手作りですねん。

最近、工事などによく参加してくれる三澤さんの手作り。
市販のクーラーボックスを利用しているらしい。
結構簡単につくれるんだとさ。






開催したのは日曜の昼間。
立ちのみでクラフトビールを楽しみつつ、ワークショップ。
ええではないの。
立ちのみクラフトビールは毎週でもやってほしいなあ。






こちらは完成品。
見本のビスケット・ネックレス。






こちらはパーツ。
これどうやって作ってるんだろう。
細かい!






ちょっとアップでみてみよう。






はい、もうひとつ。






ビスケット・ネックレスの先生である森谷テツヤさん。






結構な人数で盛り上がりました。






次回はなにをやるんだろう。
隊長のわたくしとしては、毎回クラフトの生は用意してもらいたいなあ。

てなわけで、レポートおしまい!!!!