「ジャガイモが大豊作なのだ!!」第700回サルシカ隊がいく

投稿日: 2018年06月18日(月)11:57




なんと!
ついに「サルシカ隊がいく」700回なのだ。
2008年にスタートして、10年かかってここまでやってきた。

この記念すべき回に、このレポートを書けてうれしいのだ。


今年3月から、サルシカ隊長のわたくしと、妻のM子ではじめた、四畳半ミニ畑。
最初に収穫できたのはブロッコリーで、まあまあの出来栄え。
続いてイチゴ。
これは最初こそ酸っぱかったものの、5月中旬から梅雨に入ったいまも実り続けている。

にんにくは小さくて残念賞だったし、パクチーに至ってはいつのまにか溶けてなくなってしまった(笑)。

まあ、ぼちぼちの状況であったのだ。






6月中旬になっても実り続けるイチゴちゃん。
甘いし、結構大粒。
なぜこんな風にうまくいったのか理由がわからない(笑)。
なのでこの経験を来年に活かせないのが残念。






トイレの神さまがヤギの柵をつくっている間、わたくしも少しお手伝いしつつ、そして畑作業もやっていた。






ブルーベリーの苗のまわりの草を抜くM子。
まずわたくしが草刈機で大雑把に周辺を刈る。
苗を刈ってしまったらあかんからね。






そしていよいよジャガイモの収穫!!

ジャガイモは最初に肥料を入れただけで、あとはもう完全放置プレイ。
水を与えただけだ。
葉に虫もつかず、すくすくと育った。

途中、暴風で苗ごと倒れ、ジャガイモが露出するという事件があったが、埋め戻しておいたらそのまま育ってくれた。






「まあ、たいしたことはないだろ、数が少ないかサイズが小さいかだよ」

なんて言いつつ掘り進めると、出てくるわ出てくるわ、ちょうどいいサイズのイモがごろごろ。






キタアカリ、男爵、メークインの3種類を2個ずつ。
計6個の種芋を植えた。

うち5個から芽が出て大きく育ったのだ。






苗と苗の間隔が狭すぎたし、大丈夫かなあと思っていたけれど、見事な豊作!!!







これで3月に植えたものはすべて完了!!
ちと寂しい。
さてさて、次は何を植えようかなあ〜。






タラノキも順調に発育中。
2本はホームセンターの特売コーナーにあったもの。
あとの3本ぐらいは、大工の坂下さんにもらった枝を植えたらそのまま育ってくれた。

来年はタラの芽の天ぷらが食べられるかなあ。






はい、採れたてのジャガイモ!!
素揚げにして、お塩だけで!

うんまい!!!!






こちらは、ジャガイモのミートソースグラタン!
今年はジャガイモを買わなくても済みそうだ!!