「みさとの学校マルシェ2日目スタート」第716回サルシカ隊がいく

投稿日: 2018年08月29日(水)09:43




黄色い軍団、勢揃い!!

とにかくスタッフたるもの目立たねばならぬ。
サルシカとしても目立たねばならぬ。
といわけで、いつのまにかサルシカのユニフォームは黄色で定着してしまった。

サルシカのチームTシャツを来ている人もいれば、燃えるスタッフTシャツの人も、中には「大門まちなかバーベキュー」Tシャツを着ている人もいる(笑)。






黄色い軍団の写真が撮れたのは、朝から暇だったからだ(笑)。
朝7時から9時までが出店者のみなさんの搬入時間であったが、2日目の19日だけの出店は10店ほど。
あっという間に終わってしまうのだ。






スタッフの集合時間をもっと遅くしたかったのだが、かといって何時に搬入にくるかわからないし、まあ泊まり組も多いのでそのままにしておいたら、早朝だらだらタイムになってしまった(笑)。






暇だし、体力が有り余っているので、出店者のお子さんを運んだりして遊んでいる。






マルシェのオープンは午前10時から。
9時半ぐらいから、駐車場の美里総合支所に車が入りはじめるというので、マルシェ運営責任者のモルタンとフォトグラファー加納さんのふたりに、みさとの総合支所に移動してもらう。

休日であるにもかかわらず、総合支所の支所長、地域振興課の課長に出てもらい、協力してもらう。
そして駐車場の案内を担当するのはサルシカの面々だ。






もう数台目のバスに人が乗り込み、前のバスはすでに学校に向かって走っていた。

マルシェ開店まえ。
学校のまわりに日陰は少ないため、なるべくお客さんには支所でバスに乗って待機してもらおうという作戦であったが、5台しかないバスをすべて埋め尽くしてしまうと、しばらく支所に戻ってくるバスがなくなるため、行列ができてしまう。
なので3台目に人が乗りはじめる段階で、最初の2台を発車させた。






モルタンとフォトグラファー加納さんも乗り込んで、バスで学校へ向かう。
モルタンはフェイスブックで生中継中。

ちなみにシャトルバスの運行で協力してもらったのは、伊賀のキタモリさん。
社長自らいろいろ協力してくれた。
本当に感謝。






バスからの写真。
国道で駐車場へ誘導している中谷のとうちゃんとプルプル田中。






学校へ戻ると、こちらにも数台の車がすでに入っていた。

何人かのお客さんにグランドの駐車場が空いているのになぜ入れないのかと聞かれた。
今回は渋滞を防ぐために、小学校のグランドは障害者や高齢者、小さなお子さんを乗せている人に限定させてもらった。
次回はまた工夫を重ねたいが、そういう理由だったのでご理解いただきたい。






学校の玄関前には、バスを降りたお客さんがぞくぞくと。
きょうはサルシカの女性チームが寄付金のお願い。






本当にたくさんのみなさんにご協力いただいた。
おかげで、マルシェの総経費94万円に対し、出店料をあわせてなんとか97万円を確保できた。
本当に感謝する。






オープン前にやってきて、賑わいに驚いているのは国会議員の田村憲久さん。
アーチェリータグや写真加工体験など、いろいろ参加してくれた。






オープンの午前10時まであと10分。
お客さんをただ待たせるのも申し訳ないので、きょう図書室でライブをやってくれるホットハニーバニーストンパーズのみなさんにウェルカム演奏をしてもらう。
思いつきで急なお願いだったにもかかわらず対応してくれてありがたい。






午前10時。
2日続けて始業のチャイムが大きく鳴り響き、開場!!






1日目よりさらに多い人が一気に学校の中へ吸い込まれていく。
みさとの学校マルシェ2日目のスタートだ。






にぎわいの陰にトラブルあり。
次回、思わぬトラブルが頻発する。