「防風壁可動化計画」第721回サルシカ隊がいく

投稿日: 2018年09月19日(水)18:43




超ひさしぶりにサルシカ秘密基地の工事の話である。

サルシカ秘密基地の最後の大工事は、2014年12月。
なんと今から4年近くまえのことなのだ。






その工事が、防風壁の取り付け工事であった。

もともとサルシカ秘密基地のウッドデッキは壁など一切ない吹きさらしであった。
雨風は吹き込むし、雪など降ったらテーブルや椅子も真っ白になるような状態だった。

とてもじゃないが真冬にすごせる環境ではなかった。
が、その年からはじまった地域のコミュニティカフェ「やまびこカフェ」が大好評で、本来は過ごしやすい気候の間だけの開催であったのが、冬や真夏もやってほしいとの要望を受け、この防風壁工事に至ったのである。






その結果。
ご覧ください、真冬でもバーベキュー!!
工事完成の宴会で、殻付きの牡蠣をみんなで焼いて食べたら、もはや見事に秘密基地は「かき小屋」に変身!
以来、冬のイベントはかき焼きになってしまった(笑)。

>>そのときの様子を見る。
「秘密基地、かき小屋になる〜またまた基地③」第288回サルシカ隊がいく






実は壁は幅1メートルずつセパレートになっており、障子やふすまのように上の木の溝にはめこみ、下をピンで刺して固定していた。
方法としてはパーフェクトで、幾度も襲いかかった台風にビクともしなかった。
多少の隙間風は入ってきたが、防風断熱効果も絶大であったのだ。

が、ひとつ大きな問題があった。
それは取り外しと取り付けにかなりの労力が必要ということ。

人数がたくさんいればあっという間である。
だから宴会のときはいい。

ひとりかふたりしかいないとき、前後20数枚を取り付けるだけで、真冬でも汗が流れてしまう状態であったのだ。






秘密基地の住み込み用務員であった中谷のとうちゃんに代わって、通いの用務員さんになりつつあるトイレの神様こと前田さん。
秘密基地の草刈りや補修作業をいまや全面的にお願いしている。

その前田さんと、防風壁のことでまえまえから相談していたのだ。

隊長のわたくしも、前田さんも、理屈的には考えられる。
が、それを具体的、具現化ができない。






で、大工の坂下さんを巻き込むことに。
バーベキューのお誘いをして、そのまま引きずりこむといういつもの作戦だ(笑)。






翌日曜。
作業を実行。

われわれが考えたプランは、壁のひとつひとつを取り外し型ではなく、ピンを上下片方ずつ残して回転方式にする。
例えるなら、ブラインドを横にするイメージ。

隙間をなくすために扉ひとつひとつに添え木をして、新たな固定ピンをとりつける。
若干強度は失われるが、十分なはずだ。






前田さんと坂下さんが工事の下準備をする間、隊長のわたくしはホームセンターに材料の買い出し。
指定のボルトを14本。
各扉に添える「胴縁」とよばれる木材、4メートルのものを16本。

いまサルシカには軽トラがないので、軽キャンカーにて買い物。
ルーフキャリアが大活躍!






基地に戻ると、前田さんと坂下さんのふたりはすでに作業に。






トイレの神様と呼ばれた前田さんは、雨よけにすこしだけ垂れ下がった波板をカット。
扉が回転すると、ここに干渉してしまうのだ。






大工の坂下さんは扉をひとつだけ解体して、横幅を狭くする。
各扉は隙間なく並んでいるので、多少の隙間を作らないと回転してくれないのだ。






ひとつ目の扉を設置。
上はボルトで片方を固定。下はピンで固定。
それを軸にして扉は回転する。






最初のひとつは手間取ったけど、あとは同じ作業の繰り返しなのでどんどん早くなる。
お昼までにほぼほぼ全面の6面すべての加工が終わった。

あとはこの扉のひとつひとつに、それぞれ隣の扉をストップさせ、なおかつ隙間をうめるための薄く細長い木を貼り付けていく。






とりあえず前面完成。
これが開いているところ。
風や雨の状況に応じて、角度を変えておける。
ちょっと斜めがおしゃれ(笑)。






閉めると以前と同じ状態に。
可動する分、すこしガタガタするが、隙間は以前より少なくなったかも。






午後は後部の扉の加工に入る。

本来は2日間で作業する予定であったが、この調子だと今日中に終わってしまいそう。
というわけでさらにピッチをあげて作業を続ける。

久しぶりに広がるサルシカ秘密基地の背後の景色。
広くて気持ちいい!!
これからささっとこうして開放できる。
すばらしいのだ。






前面に引き続き、波板のタレをカットする前田さん。
これ腕が疲れるらしい。
ひいひい言いながらカットしていく。






前面でノウハウを得たので、後部はあっという間に完成!!
2日どころか、1日目の午後3時過ぎにはすべての作業が終了した!

思っていた以上の出来栄えなのだ。






爽やかな山の風がサルシカ秘密基地のウッドデッキの中をくぐり抜けていく。
うわあ、涼しい!
と思わず声が出る。






机と椅子もここまで片付けて、本当にさっぱりしました。
さあ、久しぶりにサルシカ秘密基地でイベントをやりますよ〜。

ピザと肉を焼く予定です。
近日情報公開!!
乞うご期待!!