「木津川で極寒カヌーなのだ!」第733回サルシカ隊がいく

投稿日: 2018年12月17日(月)14:38




サルシカといえば、キャンプ
そうだ!
そうだった!!
われわれのミッションは、三重県の海、山、川で遊び、地域の魅力を全国に伝えることではなかったか。

基本に戻ろう。
もう12月だし、寒いし、しぐれた雨が落ちてきているけど、キャンプに出かけるのだ。
それもカヌーキャンプなのだ!






軽キャンカーのサルシカ号を「キャンプ仕様」に変更!!
ルーフキャリアにボックスを積んだだけやけど(笑)。

中には超軽量カヌーのパックラフトが2艇入っている。






真ん中に鎮座しているのは、薪!(笑)

寒いからタープの中で薪ストーブを焚くのだ!
これぞ冬キャンプの醍醐味。
が、大きくて邪魔すぎ。
存在感ありすぎ。






そして!!
土曜日の朝から向かったのは、京都

「え、いまなんつった?  京都っていったか」
「はい京都です」
「三重県の魅力を伝えるのがサルシカの使命じゃなかったのか」
「えっと・・・・」

まあ、許してよ。
三重に近い京都だし、前を流れている木津川は伊賀から流れてきてるんだから。

というわけで、強引に京都府相楽郡笠置町のキャンプ場に向かう。






サルシカ秘密基地のすぐそばを走っている国道163号線で伊賀方面へ。
そのままずっとずっと西へ、京都方面へ向かう。
車で1時間ちょっと。

赤い鉄橋の笠置大橋が目印。
その大橋のすぐ下の河原に、今回の目的地、笠置キャンプ場が広がっている。






河原を利用したキャンプ場には、ここから降りる。
料金表が目印。

ひとり1日500円。
1泊2日の場合1000円だが、チェックイン・アウトの時間がないからフルに遊ぶことができるのだ。

しかもね、すぐ近くにある天然わかさぎ温泉「笠置いこいの館」の100円割引券をくれる。






「お好きなところへどうぞ〜」

キャンプ場はやたら広い。
まあ河原といえば河原だけれど、芝生ゾーンもあるし、ええ感じ。
河原ゾーンは直火の焚き火もOK!

12月の午前中だというのにすでにたくさんのテントが張られている。
キャンプブームの流れを受けてか、男性だけでなく女性のソロキャンパーも目立つ。

かなり奥まった広いスペースに駐車。

大きなハイエースは「空飛ぶ若旦那」こと、大澤さん。
伊賀のコンビニで待ち合わせ、2台でやってきたのだ。

午後、ヴァナゴン太田さんと奥山ヨウちゃんもやってくるので、荷物を四方に広げ、場所を確保する
まるでお花見の場所取り部隊みたい(笑)。






荷物で場所取りをしたあとは、車2台で木津川の下流へ。
カヌーで川をくだるので、先に上陸ポイントに車を置いておくのだ。

恭仁大橋そばの駐車スペースに大澤さんのハイエースをデポ。
私の軽キャンで再びキャンプ場へと戻る。






キャンプ場に戻ったらパックラフトの準備。
1艇10分で終わるが慌ただしいことこのうえない。






準備のあいだにお湯を沸かしておいて、まずは腹ごしらえ。

えー。
実は、サルシカ隊長であるわたくしは、気が急くあまり、沸騰もしていないお湯をカップ麺にそそいでしまい、生ぬるくてバリバリのカップ麺になってしまう。

「あー、本当はアツアツのスープで身体を暖めてから川に出たかったですけどね、バリバリ」
「ごめんね、大澤さん、バリバリ」
「麺が上顎に刺さって血が出ましたよ、バリバリ」
「ごめんね、大澤さん、バリバリ」
「まあ攻めて温かい飲み物を持っていきましょうよ、バリバリ」
「ごめんね、ポットを忘れて、キンキンに冷えた烏龍茶しかないの、バリバリ」

そこから大澤さんは何もしゃべらなくなった。
ただバリバリとカップ麺を食べていた。






まあ、出発前にいろいろあったが、お昼すぎに、笠置キャンプ場から入川。






大澤さんはパラモーターやパラグライダーで空を飛んでいるが、カヌーにもハマっている。
かつてわたくしが所有していたカナディアンのオールドタウンは、いま大澤さんが大切に乗ってくれている。

パックラフトは初めてだが、その操舵性のよさに感動している。
そして安定度のよさには驚きが隠せないようだ。

「すごい安定がええですねぇ、こんな船でチンする人はいないでしょうねぇ」

わたし、しましたけど、チン!
松阪の櫛田川で激流に飲み込まれてひっくり返りました!






サルシカ隊長のわたくしも、12月にカヌーをするのははじめて。
この日の気温、朝津市の美里を出るときに2度。
京都の笠置はもう少し温度が高く、たぶん5〜6度はあったのではないだろうか。

が、風が思いのほか強く、そして冷たかった。






でも陽射しを浴びていたらご機嫌の暖かさ!!
さあ、川をくだろう!!!






パドルを置いて川の流れに身を任せてみる。
川の流れは本当にゆっくり。
逆に向かい風に押し戻されてしまう。

今回くだるのはほんの5キロ程度。
1時間もあれば十分だと思われるコースであった。

流れに身を任せつつ、スキットルのウイスキーを喉に流し込む隊長のわたくし。
かっと身体が熱くなる。

はー、幸せだなあ・・・・・。

が、幸せは長くは続かないのだ。
次回は、わたくしと大澤さんに与えられて試練!
果たして乗り越えられるのか!?