「やまびこカフェ2019年4月」第751回サルシカ隊がいく

投稿日: 2019年04月24日(水)07:00




人口90人を切った津市のはずれの小さな集落で、こんなに長くコミュニティ・カフェがつづくとは思ってもいなかった。
もう5年目である。
地域にとって欠かせない存在になってきたのだ。





会場となるサルシカ秘密基地の入口には、芝桜が花をつけている。
もうすっかり春だ。

が、朝はかなり冷えるので、薪ストーブを入れている。






恒例の準備風景。

やまびこカフェは、津市美里町ではじめて立ち上がったコミュニティカフェである。
いま美里町内では、ここ以外に2つのコミュニティカフェが立ち上がっている。
そしてさらに2つのカフェがスタートしようとしている。






集落を越えてやまびこカフェに参加してくれて、このカフェの魅力と意義を自分のところでも・・・・ということである。
はじめるまえに、真似をして申し訳ない、とか、お客さんを奪うことになってしまう・・・なんてことを気にしている方もいるが、ぜんぜん平気なのだ。

コミュニティ・カフェは高齢者にも足を運んでもらいたいカフェである。
基本は歩いていける集落ごとに存在していいのだ。
車で移動しなきゃいけないのならば、街のカフェでもいいではないか。






そりゃあお客さんが減るのは寂しいけれど、開催日をずらせばいいだけの話である。
いまや美里町は毎週カフェをやっている町になったのである(笑)。







春なので野菜たっぷりのモーニングのメニューです。








これにスープとコーヒー。
そしてお母さん特製のデザートが毎回サービスされます。






この日はスタートがのんびり・・・。

このあと、どっとお客さんがやってきて、大慌て大忙しになりました。







ストーブのうえでパンをあぶっているお客さんが。
そうか、なぜこれまで誰も思いつかなかったんだろう(笑)。






平成最後のカフェも無事に終わりました。
令和の時代もがんばってまいります!!