まる三重レポート#13「魅惑のコケコッコー共和国」

投稿日: 2009年12月14日(月)12:04

001
伊勢自動車道、勢和多気インターを下りて42号を尾鷲方面に走ると、巨大なニワトリの看板が目に入る。
どれだけよそ見をしていても、イヤでも目に入る(笑)。

サルシカ隊でもっとも食い意地がはった隊員で、サルシカ隊長の妻であるM子は、この前を通るたびに、「いきたいいきたい!」とわめいていたのであった。

この日、伊勢からの帰り道で、このあと美杉へいく用事がった。
しかしまだ時間が早い。
というわけで、すかさずここに立ち寄ることになったのだ。

002
コケコッコー共和国
タマゴを生産し、直売。
アイスクリームやシュークリームなどの加工品も販売している。

そこは小高い丘の上にあった。

003
眼下に広がる鶏舎。
なんと5万羽のニワトリがこの鶏舎の中で走り回っているという。
ここの飼育方法は「平飼い」といって、ニワトリをゲージに入れず、自由に走り回れるようにしてあるという。
こうするとニワトリがストレスを感じず、おいしいタマゴが生まれるのだという話だ。

004
まずは山の上の販売店「山の駅よって亭」へ。
当然、生まれたてのタマゴがずらりとある。
そしてシュークリームの甘い匂いがしている。
うううう、思わずお腹がなる(笑)。

005
割ったタマゴが見本で置いてあった。
ずいぶん立体的に盛り上がっている。
ここのタマゴは割り箸でつかめるという。

ここでM子はタマゴをはじめ、いろいろなモノを購入。
商品を選ぶ目が真剣である。
こういうときに不用意に話しかけると怒られる(笑)。

006
販売店のそばにも鶏舎があって、名古屋コーチンやウコッケイやらいろんなニワトリを見ることができる。

007
あまりキレイとは言いがたいが、まあこんなものであろう。

008
網の中に入って、ニワトリと戯れることもできるようだ。

009
が、この日(2009年12月13日)は、インフルエンザ対策のために中に入ることはできなかった。残念。

010
おおお、この鶏舎には、コケコッコー共和国の大統領夫妻がいらっしゃるらしい。

011
が、どれが大統領かサッパリわかりません(笑)。

012
こんな滑り台もありました。
もちろんここにくるだけなら無料です!!

こちらの名物というか人気は、380円でタマゴかけごはん食べ放題!
たまごかけ放題というのが魅力です。

が、このときはお腹が空いてなかったので、残念ながら挑戦しませんでした。

まあ、伊勢の帰り道にちょっくら立ち寄ってみては・・・的なスポットなのですが、この施設でえんえんと流れているオリジナルのBGMがすごい。
女の子が「コケコ、コケコ、コケコッコ共和国~♪」と歌っているのだが、正直いってかなり音程がズレてます(笑)。
フンフンと聞きながら歩いてると転びそうになります(笑)。

この音楽・・・・ニワトリの胎教にいかがなのでしょうか。
大きなお世話ですが、不安になりました(笑)。

013
この日、外食をせずに家に帰りました。
それはもちろんタマゴを食するためでございます!!

まずはタマゴ焼き。
これは、相可高校の学生さんがつくった出汁巻きだそうです。
ジュワと出汁が出てきて、なおかつタマゴの味も濃厚でうまいです。

そして・・・・

014
精米機でごりごり精米したばかりの米を、伊賀焼きのかまどさんで炊き上げました!
おこげの香りもすばらしく、ほっかほか!
このまま食べてもおいしいごはんに・・・・・・

015
とれたてタマゴをぶっかけて・・・
タマゴかけごはんです!!

アツアツのホワホワ。
これがうまくないわけがないです!!

きっちりとおいしくいただきました。

みなさんもいかがです?



関連リンク:コケコッコー共和国