古民家#06「赤目長坂・清水が出でる家」

投稿日: 2010年03月07日(日)16:10


名張市の名勝「赤目四十八滝」のすぐそばの高台に立つ古民家である。
敷地から水が湧き、飲用水として利用できる。
しかも、ご年配の方でも安心なオール電化!なのだ!


■住所:三重県名張市赤目町
■交通(電車):近鉄大阪線 赤目口駅より約2.8km
■交通(車):西名阪国道 小倉ICより約16.8km
■土地面積:510.41坪(1687.33㎡)
■間取り:5DK
■築年:不明

01
このような高台に家はある。
陽光も風もしっかりと受け止められる家なのだ。
背は山なのでしっかりとプライベートが確保できる。

家の後ろのヒノキもこの家の所有だ。

02
この眺望がこの家の最大のウリ。
家へのアプローチは2つ。

03 040506
縁側はすべてサッシに交換してある。
犬走りも改修済み。
軒下にも立派な木が使われている。
そして独特の雰囲気を持つ玄関、いい感じである。

07
0809
玄関からのアプローチ。
余裕の広さ。
そして玄関を入って左手が座敷が2間続く。
これだけの広さがあれば、大人数の宴会もまったく問題ない。

10
光と風が抜ける座敷。
この開放感が古い日本家屋の魅力のひとつである。

11
そして障子を閉めると、今度は落ち着いた雰囲気に。
奥の座敷には書院造りとなっている。

1213
写真上/2つの座敷をいろんな角度から。
写真下/書院造りと光が差し込む縁側

14
奥の洋間は2間で余裕の14畳。
ダイニングセットや大型テレビを置いて、のんびりと過ごせる。

15
そしてこちらが自慢の台所。
キッチンはオリジナル。
レンジはもちろんIH。

16
自慢はオリジナルキッチンだけではない。
この見事な梁!

17
トイレ、お風呂、洗面台はすべて新品。
水周りは「キレイ」「便利」が考えられている。

18
最後にご紹介するのは、玄関を入ってすぐ右の洋室。
主寝室として使うか、もしくは客室としてご利用できる。

19
写真左/家を正面に見て左には菜園に最適な土地がある。
夫婦ふたりぐらいならば十分に自給自足の生活ができる。

写真右上/家を正面に見て右に駐車スペース。
2~3台の駐車が可能。

写真右下/家の奥の山林もこの家に付属。
大きな実をつける栗の木もあり、また春にはたくさんのタケノコがあがるそう。
季節の味覚をたっぷりと楽しめるのだ。

2021
この家の最大の特徴。
それは清水が湧き出ていること。
もちろん飲料に適しているので料理やお風呂にも使える。
自宅に湧く清水でコーヒーや水割りを楽しむ・・・そんな暮らしが実現できるのだ。
しかも水道代もかからない(笑)

22
湧き水をポンプで引き込んでいるため、蛇口をひねれば水が出る。
オール電化なのでガス代なし、そして水道代なし。


協力:有限会社古民家再生
写真:加納準(加納フォト