第4回「今さら聞けないFacebook(その2〜プロフィール編)」

投稿日: 2012年03月09日(金)22:06

txt:「エネオスの稲ちゃん」こと稲垣博文



Facebookのある生活を楽しんでいらっしゃいますでしょうか。
周りを見ていても、Facebookユーザーの方も増えてきているように思いますし、それ以上に、まだ登録はしていないものの、関心がある方が多くなってきたように感じます。

Facebookでは先日(2月28日〜29日)、災害用伝言板機能のテストが、世界に先駆けて日本国内で実施されました。
Facebookを通じて、災害時の安否確認に利用することができるようになるものです。
これは自身の安否だけではなく、家族や友達の安否を報告できる。
またコメントも残すことができるようになっており、実名・実体主義のもと運用されているFacebookならではの、他のSNSにはない有効な連絡手段となりそうです。



さて、前回は概要と登録の方法をお話ししました。
記事を見て登録されたという方がみえたら、嬉しく思います。

前回から少し時間は空いてしまいましたが、今回はFacebookで意外と重要なプロフィールの設定についてお話ししていくことにします。

まずはFacebookにログインしてください。




Facebookで最も目にする「ニュースフィード」の画面が表示されます。
このニュースフィードには、自分の近況のほか、友達の近況、「いいね!」を押したFacebookページの更新情報が流れ込んできます(詳細については後日解説いたします)。

登録して間もない状況では、友達もいませんので、ほぼ真っ白な画面が表示されるはずです。
今後、Facebookで知人を見つけ、友達となることで、この画面に友達の近況が表示されると言うことですね。


Facebookではプロフィールを入力しなくても利用することができます。
でもそれではFacebookの楽しさ、面白さが半減してしまうと言ってもいいかもしれません。

プロフィールを入力することで、出身学校のつながりや、住んでいる地域でのつながり、趣味や特技でのつながりなど、さまざまな部分で人と人とが繋がっていきます。
そこでは普段なかなか会うことのない友達を見つけることもあるかも知れません。
また共通の友達を介して、知り合いを見つけることもあるかも知れません。

なので、できるだけプロフィールは充実させておきましょう。




画面左上に表示されている名前の部分をクリックしてみましょう。
自身のプロフィールページが表示されます。その中には勤務先や学校、趣味や関心、連絡先などの編集ボタンが用意されていますので、それぞれの画面で適切なものを入力・保存してください。
おっと、偽りのプロフィールは御法度ですよ!




プロフィールを入力したものが上の画面になります。ちょっと賑やかになってきましたね。写真も入れると、同姓同名の人であっても、誰だか分かりますので、ぜひ恥ずかしがらずにアップしておきましょう。

さぁ、下の画面を見てみてください。
右側に「知り合いかも?」って出てきていますね。
Facebookでは時々こうやって知り合いの候補が表示されます。
これは入力されたプロフィールをもとに、あなたの知り合い(友達)の候補が表示されるようになっています。連絡先に入力したメールアドレスや電話番号も、これらの候補の選択基準になっています。




となると気になるのが、プロフィールをすべて入力するのが良いのかどうか。

入力項目が増えれば増えるほど、知り合えるきっかけが増えますが、プライバシーの面が心配になるかと思います。逆に何も入れないと、人とのつながりが見つけられなくなるというジレンマが・・・。

しかしご安心ください!
Facebookではプライバシーをしっかり自分の手で守ることができます。
実名を出すからこそ気になるプライバシーの設定を、次回はしっかり解説していきたいと思います。
次回もぜひお読みいただければと思います。

また、本連載に関して質問や疑問があれば、コメントや問い合わせフォームにてどんどんお寄せください。
きちんと回答させていただきます。

それではまた次回、IT講座でお目にかかりましょう!





KIPプロジェクト/Facebook(最新の情報はこちらで!)