3223 件

Archives by Tag '中谷の父ちゃん'

「おかえりなさいの牡蠣パーティ!」第745回サルシカ隊がいく

昨年、結婚をして長野県の信級(のぶしな)というところに嫁いでいった元祖居候1号の「中谷の父ちゃん」が三重に里帰りなのだ。 というのも、信級は冬のあいだ雪に閉ざされるので、温暖な三重に出稼ぎにくるのである。 働いているのは […]


「さらば!父ちゃん!」第731回サルシカ隊がいく

えー、 中谷の父ちゃんです。 死んだわけでも消息不明になったわけでもないのでご心配なく。 Photoshopで背景を変えてみた。 大した意味はない(笑)。 中谷の父ちゃんは今年の頭にウソのように唐突に結婚をして、奥さんが […]


「ちんどんは愛の子守唄を歌う〜サプライズ③」第653回サルシカ隊がいく

写真/フォトグラファー加納 今年1月、サプライズ結婚をした中谷の父ちゃんと清美ちゃんを祝い、驚かされたままじゃくやしいので今度はみんなで二人を驚かせようと仕掛けたサプライズパーティのレポートも今回でおわり。 話は4軒目。 […]


「はじめての共同作業で平治煎餅を割る〜サプライズ②」第652回サルシカ隊がいく

写真/フォトグラファー加納 中谷の父ちゃんと清美ちゃんのサプライズ結婚祝いパーティ。 18時にサルシカがプロデュースした1号店「おばんざいバルすみす」からスタートし、 2軒めに「串揚げまるう本店」。 それぞれ、中谷の父ち […]


「父ちゃんのサプライズパーティなのだ!①」第651回サルシカ隊がいく

写真/フォトグラファー加納   「あのさあ、今度ちょっと結婚するんだよね」 サルシカ秘密基地のガレージのまえで何やら作業していた中谷の父ちゃんは、いきなり隊長のわたくしに切り出したのだ。 今度ちょっと、と言われても困るの […]


「秘密基地の入口を整備せよ」第643回サルシカ隊がいく

サルシカ秘密基地は2012年から工事をはじめたわけであるから、施設を使いはじめて、なんと5年が経つのである。 そりゃああちこち傷んでくるはずだ。 特にひどい状態になっていたのが、秘密基地の駐車場入口のところ。 度重なるゲ […]


「流れに身を任せて眠りたい〜紅葉ラフト」第640回サルシカ隊がいく

三重県名張市の青蓮寺湖。 サルシカ隊長のわたくしと中谷の父ちゃんは、紅葉パックラフトを楽しんでいた。 キャンプの後は湖畔でキャンプという作戦だ。 家まで1時間の距離だし、まだ午後3時だし、全然泊まる必要はないのだけれど、 […]


「青蓮寺湖で紅葉パックラフト」第639回サルシカ隊がいく

リレーマラソンを走った。 ラーメンも販売した。 天気もいい。 「よーし、いくかあ!」 火曜日の朝、唐突にキャンプの準備をはじめたのである。 といっても、中谷の父ちゃんとサルシカ隊長のわたくしだけね。 いくらサルシカにヒマ […]


「宮川うなぎラフト③〜漕いで漕いで漕ぎまくれ!」第627回サルシカ隊がいく

昼メシはうなぎ屋「膳」で白焼きとうな重を食べるのだ! そのために今回は宮川をくだるのだ! そんな固い決意でスタートした「宮川うなぎパックラフト」 もいよいよ最終話である。 川面から眺める宮川周辺の様子は本当にすばらしかっ […]


「宮川うなぎラフト②〜待ちくたびれて宮川」第626回サルシカ隊がいく

日差しは暖かく、風はほとんどなかった。 川の流れはほどよく、われわれを川下へと運んでくれた。 「最高だねぇ、こりゃあ」 「ああ、極楽極楽!」 会話だけ聞いていれば、温泉に入るおっさんである(笑)。 さて、11月に入って、 […]


「宮川うなぎラフト①〜なかなか出発できない」第625回サルシカ隊がいく

この秋の天気は最悪だったのだ。 雨、雨、雨、とにかく雨。 そして台風。 もうイベントもスケジュールもぐちゃぐちゃ。 地面はもっとぐちゃぐちゃ。 パックラフトツアーも2つ予定されていたのであるが、見事に中止になったのであっ […]


「熊野川パックラフト⑦〜帰りは極楽なのだ」第565回サルシカ隊がいく

午前10時。 ジェット船が小川口乗船場に到着した。 河原から乗り込む。 そこが乗船場だとわかるのは、放置されている緑の板のみ(笑)。 われわれ以外のお客さんは、早朝パックラフトで到着したカップルと、老夫婦。 きのうはたく […]


「熊野川パックラフト⑥〜ゴール!!」第564回サルシカ隊がいく

夜8時に寝たら、そりゃあ翌朝は早い。 わたくしは4時半に目が覚めた。 それでも8時間半も寝ている。 夜中に一度も目をさますことなく、本当にぐっすりと眠っていた。 のそのそと昨夜の火のあったあたりに行き、ストーブのに小さな […]


「熊野川パックラフト⑤〜幸せキャンプ」第563回サルシカ隊がいく

ようやくキャンプ地に到着した。 ようやく、と言っても、午後2時に瀞峡の瀞ホテル下から漕ぎ出て、到着したのは午後4時。 わずか2時間。 距離にして5キロほどの川くだりだったのだ。 今回は何より、「川くだりをしながらキャンプ […]